Jan 8, 2016

叶う前の体型との過ごし方

体型のここが嫌い

ここを変えたい

と思っている時

IMG_0640[1]

理想に変えるまで

それまでの間

なかなか体型を好きになれない

体型は長年のもの

ずっとここが嫌い、、

という思いを持ち続けている

IMG_0645[1]

そしていつでも
ここを変えたい!

と思っている。

にも関わらず
なかなか変わらない。

それが悩みとなり長年続く

変える方法はたくさん検索した

方法もたくさん試した

なのに、気になる部位は気になるまま。

なぜ変わらないのか?

体脂肪は単純

IMG_9765[1]

全体的に増減

そして、関節の動きが少ない部位につきやすい

この2点を踏まえて
基礎代謝を増やせば調節できる

現代のダイエットでは
これが確立しているものが多い。

良いものがほとんど。

なのに、変わらない、、

そんな場合の原因は???

実は筋肉にあります。

変わらない部位に筋肉が多い

ここに太さとして形が作られる。

気になる部位を筋トレ!

これはまず逆効果

筋トレは筋肉を太くする作業

筋トレして細くする!

というのは体脂肪の観点。

筋肉の太さではまず逆に太くなります。

体脂肪を減らしても気になる部位が変わらない場合

見た目の変化としては
他が痩せたのに。

IMG_9846[1]

このパターンでは
ほぼ確実に筋肉の太さです。

着きすぎた筋肉を減らすことが必要。

筋肉は使わなければ減る
性質があります。

気になる部位は刺激しない!

そもそも刺激した部位は太くなる

そら以外にありません。

そして、すでに日常で負荷がかかっている部位

この負担を減らす。

裏側、内側等の周りの筋肉とのバランスを整える。

例えば太ももの場合

太ももの裏、足の付け根、内もも等

これらの部位を強化していくと
太ももの負担は減ります。

必然的に日常での負担が減り
細さにつながります。

使わない!

ということは試している、

ということもよく聞きます。

しかし、それだけでは足りない。

負担を減らすこと

この観点と方法が整った時
棒状の細さは作られます。

それさえ作れば
単に太る痩せる

これだけで体型を維持できます。

IMG_9859[1]

また、部分的な負担がないことは
全身の筋肉をバランスよく使っている証拠。
基礎代謝が高い状態とも言えます。
部分痩せの確実な方法お試しください。

関連記事