Dec 22, 2015

そのときの気分!

日によって変わる気分!

良いとき悪いとき

行動も変わります。

IMG_9603[1]

どう変わるのか?

積極的に!

消極的に、

同じ物事でも捉え方が異なる

ポジティブに捉えられるとき

ネガティヴに捉えるとき

IMG_9445[1]

その時々によって行動も変わる

ポジティブなときは
感情はプラス。

行動に直結。

IMG_9344[1]

ネガティヴなときはなかなか踏み出せない。

気持ちによって左右される行動。

なら、いつでも行動的にいること。

誰もが望ましいと考える。

しかし、起こる負の感情。

これはどこから来ているのか?

IMG_9444[1]

過去の経験や
自分が制限していること。

これらに付随します。

過去の経験

過去にそれを通して
嫌だと思ったこと。

それが無意識に怒りの感情を出す。

また、自分が制限していること。

IMG_0044[1]

例えば食事

我慢している横で
スイーツを食べられる。

これは投影。

自分は我慢しているのに
相手は平気。

これにも怒りの感情を抱きます。

これらの感情はどう変えるのか?

根本では出来事が
自分に及ぼす害によって怒りを作る。

対処できないことは仕方のない。

次行こう。

コントロールできることでは
まともに受け止めない。

まともに受け止めると対立する。

あくまで第3者の話を聞くように。

そうもいかないことも初めは多い。

行っていくほど慣れてくるもの。

ま、いっか。

1つの物事に深追いするほど
どっぷりと浸かってしまう。

これほど体力も時間も浪費することはない。

受け取り方を第3者のように。

IMG_9767[1]

つまり、話を聞いている自分を
一歩引いて違う人のように見る。

すると
相手の意見に反論することもなくなる。

一度受容することができる。

考えや意見は人の数だけある

自分と違う!

というだけで不満に思ってしまう心。

自分とは違う!

と線引き、客観視。

後追いせずにまいっか!

気持ちを揺るがせない方法。

気持ちの波が激しい!

そんなときにチャレンジです。

関連記事