Oct 25, 2015

ヒップの筋トレが逆効果!?3

硬い部位を伸ばしたら
次に弱くなっている部位のエクササイズ。

拮抗する硬い部位に
柔軟性が出るからこそ
刺激としてもよく加わります。

まずは足の付け根はのアプローチです。

IMG_8221[1]

足の付け根のエクササイズ

仰向けになり両膝と股関節を90度に曲げます。

自転車を漕ぐように足を前後に動かします。

かかとで押すようにすると
効率的に足の付け根が刺激されます。

肩甲骨のエクササイズ

肩甲骨の狙いは内と下

それぞれ動かす!ではなく
日常よりも負荷をかけることで
眠っている筋肉の刺激に繋がります。

両手の平を体の後ろで組みます。

真下に向かってピン!と伸ばします。

これによって肩甲骨が内と下に動き
日常以上の刺激が加わります。

股関節と背中の可動が整うと
骨盤の傾きがまっすぐに整います。

この時点で日常で使われやすい形。

もう一点、日常での刺激を増やすためには
上半身の連動が必要です。

関連記事