元ミスワールド日本代表 ゆうよう子さんのボディメイク

銀座にて。
元ミスワールド日本代表
ゆうよう子さんのボディメイクへ。
image-7

夏の時期の二の腕ー肩の筋肉減らしが終え
モデル業も順調とのこと。
とても嬉しく思います。

これからは冬場!誰しも共通ですが、
食事や飲みの機会が増える
動くのが面倒になる

ボディメイクですべきは
日常使われる筋肉を増やす
メインで使う筋肉と
あまり使わない筋肉のバランスをとる

似ているこれらですが、
例えば、脚でいうと
膝周りー太もも外は最小限
足の付け根ー太もも裏ー内ももは
最大限に働くようにする。

姿勢、ボディライン、体重
女性のボディメイクに欠かせません。

今日はダイエット・ボディメイクの基本!
その内容をご紹介です。

元々骨盤後傾でしたが、
二の腕と肩の筋肉、下腹を落とすために
骨盤前傾に変えてあったので、
まずは姿勢のラインをまっすぐに。

img_04231

バンザイの状態から
img_04241
目一杯首の後ろにバーを引き下げます。
10回2セット

ポイント
鎖骨が下がると、
同時に首が後ろに引け
背骨にまっすぐ乗るので、
その後の骨盤周りの調整が
しやすくなります。

内もものエクササイズ
img_04271

肘を地面と水平に保ちます。
脚を大股に開き
膝とつま先が同じ方向を向くように。

img_04281
真下にしゃがみ、
1秒ストップ、素早く立ち上がります。
15回1セット

ポイント
肘の水平位置で
首ー背骨が垂直に保たれます。

膝ー足首をまっすぐに開くことで、
骨盤が垂直に保たれます。
img_04251

台に仰向けになり、
両手で一つのダンベルを持ちます。
img_04261

脇が伸びるところまでバンザイし、
10回繰り返します。

ポイント
首ー背骨ー骨盤がまっすぐに整ったら
少しメリハリをつけるために
背骨だけ反りを作ります。

全身の姿勢を固めるエクササイズ
img_04291

脚を腰幅に開きます。
脇を閉じ、肘が地面と水平になるよう
ダンベルを一つ持ちます。
img_04301

膝がつま先より出ないようにします。
足首ー膝ー肘がズレないあたりまでの可動で
ヒップを後ろに出しながらしゃがみます。

ポイント
先ほど整えた首ー背骨ー骨盤の3点は
姿勢の定着に必要不可欠。

しかし、変えたばかりでは、
また日常で戻ってしまいます。

それを戻さずに固めるため、
また、基礎代謝を増やすために
全身の筋肉をフルに活用
します。

姿勢が整うと、
関節の動きのバランスが取れ
部分的に脂肪がつくことが
無くなります。

まとめ

余計に筋肉をつけない。
部分的な脂肪の目立ちを減らす。
部分的にメリハリを出す。
全身の体脂肪を減らす。
食べる機会が多くても痩せグセが付く

運動する時間よりも、
日常のことや、自分の好きなこと、
プライベートの付き合い、遊び等

賢く体型を保つことが
ずっと綺麗でい続ける秘訣です。

Charmbodyでのパーソナルのご依頼はこちらから
top_main

(↓クリック)
ボディメイク・パーソナルトレーニング