Nov 29, 2015

今日が一番若い!

過ぎ去った過去
これからの未来

その中間にある今

IMG_9172[1]

現時点で、今日は

これからの人生において一番若い時!

一番若い今!

何を楽しんでますか?

IMG_9223[1]

今しかできないこと!

後でもできる、と思っても
今のあなたには今しかできない。

それが今日

IMG_9193[1]

オシャレであっても、自分磨きであっても、
今日しないのはもったいない!

なぜなら???

今日が一番若い時だから。

特に体型や姿勢は
一朝一夕では成し得ない。

一定の期間を必要とすること。

もし、、いままでもやっていたら
一番若い今日!

IMG_9097[1]

もっと輝くはず!

仮に未来の自分に対してなら
今から!

あなたの未来への投資をするべき!

今から何を始める?

運動!

ではありません。

食事!

でもありません。

何が得たいのか?

IMG_9117[1]

これを連想することです。

イメージは具体的にハッキリと!

○○キロ痩せてオシャレする!

程度では薄い。

IMG_9052[1]

二の腕が3センチ細くなって
腕が出せるシャツを着る。

胸が高い姿勢も備えて、
明るい楽しい気持ちでショッピングを楽しむ。

など。

そのためには何が必要か?

どんな投資をすることが良いのか?

IMG_9067[1]

体型を変える時に
まず考えるのは、何が得られるのか?

この場合は二の腕。

このサイズを減らすことが
明るい未来へと連鎖します。

じゃあ3キロ痩せよう!

と設定してしまうと、上手くいかない。

なぜなら、3キロ痩せることと
二の腕が3センチ細くなることは
必ずしも同じではないから。

IMG_8983[1]

と感じている女性も多いのでは?

体脂肪は基本的に全体的に増減しますが、

残る部位がある。。

これはなぜか?

IMG_8919[1]

関節の動きが少ない部位に付きやすい
傾向がある。

この体脂肪の傾向によって
二の腕に残る!

という事態が起こります。

IMG_8849[1]

例えば肩甲骨

上、内、外には動かせても
下にはなかなか動かせない。

このように硬い部位が出ると
体脂肪のつき方に関係してしまいます。

いきなり体重を減らす!
と始めてしまうと、この傾向から
悩んでいた場所は変わらず、
そうでないところが痩せる。

となりがち。。

まずはこれらの部位のバランスを
整えることが必要です。

image

ストレッチとエクササイズ

また、いきなりエクササイズ!

というのもなかなか効果につながりません。

柔軟性を上げるポイントは
ストレッチ→エクササイズ!

この順を追うことが効果的。

肩甲骨でいうと
肩の上のストレッチ
背中のエクササイズ

のように進めるのがベターです。

関節の柔軟性が整い、気になる部位も痩せやすくなる傾向があります。

あとは足りない部分はシンプルなダイエット。

IMG_7739[1]

このバランスがとれていると
やはり体型の変化もスムーズ。

ここだけが、ということも少なくなります。

あくまで体型を変えるのは手段。

そこから得られる目的のために
体型を変える。

ゴールは手段で決まります。

あなたのゴール設定のご参考にしてください。

関連記事