Nov 24, 2015

ふうん、だから?

健康で綺麗に!
しなやかな身体に!
セレブ御用達!

‥‥

ふうん、だから?

今の時代、これらに目利きになる女性が多い。

色々試して、色々うまくいかなかったからこそ、

自然と養われます。

先の謳い文句も、、
見飽きた!

IMG_9097[1]

という女性が多いでしょう。

初めはワクワクしていても、
ありすぎて、、なんか、もういいや!

となってしまう。

そんなことも多々あります。

これには答えを探ることに
嫌気をさした現代の風潮がある。

健康で綺麗に!

IMG_9116[1]

に対しても、そこから何を得られるか?

考えることが面倒になってきます。

考えて行動しても、思うようにならない。

これが連発されることが最大の原因。

これが現代のもの選びに反映しています。

逆に目的に!ではなく
得られるものにフォーカスされた方法
納得しやすい。

例えば、
夫婦共働きで、掃除するのは夜。
でも音を立てたら迷惑になるし。。

がダイソン!

音や振動が出ない掃除機は
完全に生活を潤わせます。

IMG_9098[1]

たくさん数え切れないものから
一つを選ぶとき。

これは選ぶ!ではなく
選ばれているとき。

私のため!?
と思えるものこそ、そう感じるものです。

IMG_8997[1]

このようにものよりもその価値や
感動に共感する心の時代。

良いものしかないから選べない。

その中でもあなたのためであるもの。
これはそのままあなたのためになります。

IMG_8966[1]

唯一不変の。

生活や環境は変われど
唯一変わらないもの。

それが体型。

環境に応じて手が伸びる!

ということはありえませんね。

環境に応じて訪れるのは?

IMG_8612[1]

ストレスによる体型変化!

女性の社会的ストレスが多くなる現代。

よく言われているのは
男性はストレス発散がしやすい!

IMG_8324[1]

それに対して、女性は溜め込みやすい。

ストレスを感じると
安定ホルモンの分泌が低下します。

これは女性の場合直接的に食欲へとつながります。

また、ストレスによって
交感神経が活発になる。

これは肩周りの緊張を引き起こします。

肩や首がガチガチ!
言い換えると姿勢の低下です。

IMG_8253[1]

姿勢が悪くなると不格好。

また、不要な部分に負担がかかり
体型を崩してしまいます。

この影響が出てくるのが
お腹や下半身です。

例えば、肩がこるのは
肩甲骨が引き上がった状態。

これは背中の筋肉が低下しやすく、
代わりにヒップの筋肉が硬くなります。

これにより骨盤が後傾します。

骨盤の後傾は
○下腹が出る
○太もも外に負担が増える

などの傾向を引き起こします。

肩がこると全身に影響を出してしまう。
ということです。

肩ガチガチ、ふくらはぎパンパンで
今日も頑張ったぁ〜。

と、達成感に浸るのは良いこと。

しかし、その代償に体のラインが崩れる。

いつまでも綺麗でいたい!

女性にとっては本末転倒な結果となります。

ここまで聞くと、
肩こり?ふうん、だから?

とはなりづらくなる。

肩こり一つで、お腹や足が太る!?!?

新たな行動につながること。

 

必要なものは何か?

肩こりならマッサージね!

これはその場しのぎの方法。

IMG_8022[1]

数日後また肩こりが襲いかかります。

根本的に防ぐには
背中の筋力を増やすこと。

これにより肩への負担を軽減していきます。

肩こり視点の解消方法は
星の数ほどある。

しかし、あなたの潜在ニーズにとっては
肩を和らげる+@が必要。

これこそあなたの生活をより豊かにする方法。

たかが肩こり。

我慢で乗り切る!
マッサージでほぐす!

気づけば下腹ポッコリ、太ももパンパン。

今度は腹筋や足のマッサージ。

これではいつまでたってもキレイは
手に入りません。

あなたに価値のある体型作り。
ご参考にしてください。

関連記事