Nov 8, 2015

すでに職業「ダイエット」

常にスマホでダイエットチェック
雑誌はキチンと折る
テレビは録画

職業はダイエット

とも言える女性も多いのでは?

IMG_8450[1]

ダイエット探しに夢中!

いろいろな知識も身についてきます。

すると、ん?これとこれ、違うこと言ってる。

何てことにも出くわします。

間違いなのか?合ってるのか?

そこまではわかりません。

IMG_8481[1]

セルライトやら、部分痩せなら、なんやら。

できるやら、できないやら、なんやら。

情報に触れすぎることで

なかなか手出しができなくなっているのでは?

明らかなマイナス面の見極め方

やって効果なし。

だけならまだしも、
逆効果になる!
とこも多々あります。

IMG_8324[1]

逆効果の対象としては
基礎代謝を下げるもの、

これだけはやらないほうが良い。

どのようなものがあるのでしょうか?

単品ダイエット系
激しい運動系

これはら明らかな基礎代謝の低下を招きます。

やるときはキチンとその情報を集めることが必要です。

単品ダイエット

言い換えると摂取カロリーが減ります。

これが筋肉の分解や消化活動の低下を招き、太りやすくなります。

IMG_8547[1]

激しい運動系

長時間、高頻度の運動は
ストレスホルモンを多く分泌し基礎代謝を低下させます。

1日の消費の70%は基礎代謝なので、これが減ることはまずNG。

明らかに太りやすくなります。

IMG_8594[1]

選ぶもの!よりも選ばないものを決めるほうが安全。

選ぶものはどれも効果的なものか、最悪マイナスではないもの。

体は一生モノ。
ご参考にしてください。

関連記事