Jul 7, 2015

ガチガチ肩幅の減らし方

水泳経験者の多い
肩幅が広い」とのお悩み

運動や筋トレに対し
さらに広くなるのでは?‥
このまま減らないのでは?…

水泳女子だけでなく

多くの女性が気にしている肩幅

気にする理由と

狭める方法をご紹介します。

○タイトなトップスは避ける
○顔が大きく見える
○肩がイカツく見える

など、女性の大敵となりやすい

広い肩幅。

腕や肩の筋肉が張っている‥
と思われがちなこの体型。

実際に発達してしまっているのは
背中のある筋肉です。

水中の手の掻き動作は
肩ではなく、脇の下の筋肉である
大円筋がメインに使われます。

この筋肉が発達すると

肩を前に押し出す

肘を外側に開かせる

肩を上に引き上げる

と言った機能が働き
肩幅をガッチリと見せてしまいます。

ここでは筋肉の性質
使わなければ減る
を有効に活用していくことが
解消のポイントとなります。

昔の水泳経験以降
使ってないのに減らない‥‥

肩周りのシルエットは
日常の姿勢にも影響しやすい部位です。

仮に意図的に使っていなくても
無意識に使われる姿勢になっている
場合がほとんど。

使わないためには
代わりの筋肉や姿勢筋を使う
ことがポイントです。

〇骨盤を後傾方向に傾ける

〇肩の深層を浅層筋のバランスを整える

これら2点が整うと
日常でのイカリ肩の根本である
大円筋の使用が減少します。

水泳で広くなった肩幅を
狭めていけるでしょう。

この肩とは一生のお付き合い‥
と諦める前に!

Posted in コラムComments Closed 

関連記事