Jun 22, 2015

むっちり?げっそり?「二の腕痩せの真実」

ファッションを楽しむための

上半身の分かれ道となる
むっちり?げっそり?

あなたはどちらになりやすい?
IMG_5575[1]

ノースリーブ、ワンピースを楽しむ為に
今年こそ!宣言が多くなる
二の腕痩せ。

運動、食事とダイエットに励んでも
上半身がげっそりした‥
となってしまうこともしばしば。

最も減りづらいと言われる
二の腕に対して、
痩せるとすぐに減りやすい
首周りや胸周り。

これが女性の上半身に

いつまでも付きまとう悩みと言えます。

上半身は下半身に対して
筋肉量が圧倒的に少ない部位。

一般的には
二の腕に筋肉をつけて痩せる。

しかし、小さな筋肉である二の腕を

いくら鍛えても
代謝はほぼ上がりません。

むしろ、その部位にのみ
ムチっと筋肉感が出る‥
という結果になることがほとんどです。

体脂肪、筋肉は
関節の動きが大きい部位に付きづらい
傾向があります。

多くの女性は
肩の柔軟性が高い
反面、肩甲骨周りが硬い傾向があります。

すると、
肩に付いている
胸周り、首周りがげっそり見え

肩甲骨に着く二の腕はむっちり
という状態になります。

○肩甲骨の下方、内方への柔軟性を増やす

日常、肩甲骨は背骨に張り付きやすく
動きが制限されます。

股関節を含めた関節のバランスをとることで

可動域を引き出します。

○回旋動作の可動域を増やす

日常動かしづらい
肩甲骨の斜めの動き
引き出されます。

体脂肪、筋肉の性質から見ても
二の腕痩せに二の腕エクササイズは不要。

肩口からスラッと細い二の腕
作るにはこれらを考慮したプログラムが

必要不可欠です。

Posted in コラムComments Closed 

関連記事