Jul 23, 2015

痩せない部分とダイエット

Q.骨格のせいなのか、痩せても
足首周りだけ像のように太いです。

この部分は脂肪なのでしょうか?
そうであれば、減らすことはできますか?

A.おそらく筋肉、脂肪でしょう。
足首周りは体脂肪の付き方の傾向からも
太くなりづらいと言えます。

原因としては
日常生活でのふくらはぎの使い過ぎ
足首ー膝の関節の柔軟性不足
などがあげられます。

多くは、根本に
骨盤が後傾している
ことが多くあります。

骨盤後傾は、日常での
ふくらはぎ周りの負担を大きくしてしまいます。

骨盤傾きをまっすぐに変えるような
エクササイズで、ふくらはぎ負担を減らす
ことが足首痩せに効果的です。

こちらなどをご参考にしてください。
モデル体型セットアップ

応援しています。

Q.ほとんど食べてないのに痩せません。。
運動はエネルギーが足りなくすぐにフラフラしてしまいます。

ここから、どのようにしてダイエットしていけば
良いのでしょうか?

A.基礎代謝を増やすことを優先させましょう。
基礎代謝は1日の消費カロリーの70%を占めます。

食べていないのに痩せづらいのは
基礎代謝が低下している証拠です。

その基礎代謝の大半は
筋肉による熱の産生
内臓の消化活動

によるものです。

基礎代謝を増やすエクササイズ
内臓の機能を活発にする食事
が必要になります。

Q.全身の筋トレを重い負荷で行い
二の腕、ふくらはぎは軽めに行うのは
部分痩せに効果的ですか?

A.筋トレ自体が太さに繋がります
筋トレの目的は筋肉を太くすることです。

また、ダイエットにおいての筋トレは
基礎代謝を増やし、体脂肪を減らすための手段
でしかありません。

体脂肪の性質である
全身同じように増え同じように減る
からも、カラダの大きな部分の筋肉に
負荷をかけることが効果的です。

小さな筋肉である二の腕、ふくらはぎなどの
細くしたい部分に負担をかける必要は
無いでしょう。

ご参考にしてください。

Q.痩せても顔だけ丸いです。
顔痩せ方法はありますか?

A.体脂肪の性質について。

体脂肪は「全体的に増減する」性質があります。

また、「関節の動きの少ない部位に付きやすい
傾向があります。

痩せても顔だけ減りづらいのであれば
肩、首、背骨周辺の柔軟性を増やすことが
必要でしょう。

こちらなどをご参考にしてください。
小顔ボディメイク

応援しています。

Q.ダイエットを始めて順調に痩せていましたが
最近になってまったく体重が動かなくなりました。

特に運動内容は変えていません。
この停滞期は続けていれば
抜けることができますか?

A.ダイエット時は消費>摂取の関係になるので
どうしても基礎代謝を決める筋肉が
減少しやすくなります

筋肉が減少すると、
消費カロリーが少なくなるので、同じ運動でも
痩せづらい時期に入ります。

この時有酸素運動などでは
逆に筋肉を減らす結果となりやすく
さらに停滞していきます。

解消方法としては
筋肉を増やす筋トレを行うことです。

ご参考にしてください。

Q.水着を着るのにうっすらお腹に縦線を
入れたいです。

毎日腹筋を何種類かしていますが
全く効果がありません。

お腹に縦線を入れる方法はありますか?

A.お腹に縦線を入れるのに
腹筋運動は特に必要ありません

お腹の筋肉は元々縦線が入っています。
上にある皮下脂肪
背骨の位置によって隠れていることが
われない原因です。

背骨の位置に関してはこちらをご参考にしてください。
(↓クリック)
美腹筋エクササイズ

お腹の縦線応援しています。
頑張ってください。

Q.昔からスポーツをしていて
最近引退しました。

元々食が細く、無理やり食べていたので
普通の食事量にもどし
痩せてきました。

自分としてはうれしいことなのですが
このまま続けて
太りやすくならないでしょうか?

A.元々代謝が良いようなので
順調に減っていくでしょう。

しかし、一定のところで止まるでしょう。

それは、消費エネルギーと摂取エネルギーのバランスが取れること
によります。

この時に基礎代謝を増やすエクササイズをしていれば
消費エネルギーが増え
停滞しづらくなるでしょう。

Posted in Q&AComments Closed 

関連記事