Jul 21, 2015

足痩せと体重について

Q.体重を減らさないように
体型を変えることは出来ますか?

A.極力変えないことは出来ます。

これは体脂肪は減らし
筋肉の重さでバランスをとる
筋肉の緊張サイズを変える
等の方法が必要です。

ボディラインを形成するのは
筋肉と脂肪、根本は骨格になります。

その骨格を中心に
どの部位をどのようなラインにするか
を考慮することが必要です。

ご参考にしてください。

Q.ボディライン作りメインに
ダイエットをしたいです。

今はウォーキング30分+食事制限
をしています。

筋トレは取り入れたほうが良いでしょうか?

A.ボディライン作りには
筋トレは必要不可欠です。

どのようなボディになりたいかで
エクササイズ方法は変わりますが

例えばファッションモデルのような
まっすぐな棒体型は

骨盤の角度を地面に対して垂直にする
背中、内もも、太もも後ろに筋肉をつける
等が必要です。

現状では体脂肪をスムーズに減らせるような
全身のエクササイズなどが良いでしょう。

Q.脂肪燃焼に有酸素運動を取り入れるなら
どのくらいの量が目安になりますか?

A.有酸素運動は体脂肪を直接燃焼するのに
効果的ですが、

運動は開始直後から
ある程度のストレスホルモンが分泌されます。

これは運動時間が長くなるほど
基礎代謝の低下へと繋がります。

有酸素運動の効果にはある程度の持続時間が必要
時間が延びるほど基礎代謝を低下させやすい

これらを踏まえると
20分×週3回程度
効果を得るためのラインと言えます。

ご参考にしてください。

Q.1ヶ月に減らす体重としての
目安はありますか?

A.現状の体重の約5%減というのが
目安になります。

これは体脂肪は1キロに付き
7000キロカロリーものエネルギーを持っていて
実質的に減らせるのは5%程だからです。

それ以上に減ってしまうのは
水分量や筋肉量を低下させ
基礎代謝の低下に繋がり
リバウンドなどを招きます

ご参考にしてください。

Q.ふくらはぎの太さは体重と関係ありますか?

A.確かに、ふくらはぎの細さは体重に比例します。
しかし、体重を減らしたら
必ずしも細くなるとは限りません。

骨盤が前後に傾いていると
脚に体重の負担が直接かかるため
体重が減ると多少は細くなるでしょう。

しかし、これは根本的な解決にはなりません。

根本的な解決方法は
骨盤の角度を地面に対して真っ直ぐにすることです。

物理的にも脚の骨に重さがかかるため
ふくらはぎが太くなりづらくなります。

骨盤の真っ直ぐエクササイズは
こちらをご参考にしてください。
モデル体型セットアップ

応援しています。

Posted in Q&AComments Closed 

関連記事