Jul 21, 2015

足痩せ、二の腕痩せ以外の痩せ方法

Q.泳ぐことと、山登りでは
どちらの方がダイエットに効果的ですか?

A.カロリー消費は「体重×移動距離」で決まります。
両者の総移動距離が同じであれば
カロリー消費もほぼ同じと言えます。

山の場合は登りの後の下りの傾斜変化で
運動エネルギーと位置エネルギーのバランスが
変わります。

水泳の場合は荷重がかからない反面
全身の関節を多く動かすので
多くのカロリー消費へ繋がります。

運動学や生理学の観点から見ると
細かくなりますが

結論、これらを踏まえても
総移動距離が同じであれば
消費カロリーも大体同じと言えます。

ご参考にしてください。

Q.年齢による筋肉の低下で
バストを下げないようにしたいです。

エクササイズをするなら
どのような方法が効果的でしょうか?

A.バストラインをキープするには
背中や、肋骨周辺のエクササイズを取り入れることが
効果的です。

筋トレの種目では
デッドリフト
ローイング種目
プル系種目などが適しています。

バスト自体の筋肉は肩から肋骨にかけて
付着しています。

これらは背中の筋肉によって
サスペンダーのように引っ張られ
バストを高い位置に保つ働きがあります。

ご参考にしてください。

Q.ふくらはぎの太さに悩んでいます。
偏平足なこともふくらはぎに関係ありますか?

A.ふくらはぎのサイズと偏平足には関係があります。
偏平足の脚は、重心が前に傾きやすくなります。

すると、日常のあるく動作で地面を蹴りやすく
ふくらはぎが発達する原因になります。

解消方法はこちらなどをご参考にしてください。
ふくらはぎのそぎ落としエクササイズ

応援しています。

Q.特に体重を気にしているわけではないのですが
お腹だけがポッコリしていることが
気になっています。

これはお腹の筋肉が少ないのでしょうか?

A.お腹の筋力の低下と骨盤の前傾が
理由でしょう。

骨盤が前傾すると
日常的にお腹に力が入りづらくなります。

すると、食後などに関わらず
お腹がポッコリと張ったような
状態になります。

骨盤位置を正すことが先決でしょう。

こちらなどをご参考にしてください。
(↓クリック)
モデル体型セットアップ

Q.メリハリはなくてもいいので
棒のように細くなりたいです。

その場合も筋トレは必要ですか?

A.必要でしょう。
体脂肪は全体的に増減する性質があります。

そして体脂肪は
どんな方法であれ
最終的に筋肉によって消費されます

まずは全身の筋肉量を増やし
体脂肪を減らします。
(↓クリック)
基礎代謝アップエクササイズ

その後で、筋肉を減らすように
していくと良いでしょう。

筋肉は使わなければ減ることからも
その時には代謝を増やす筋トレを少なくしていきます。

代わりに、
カラダの見えない部位の筋トレ
食事でのタンパク質量を少し減らしていくなどを
していきます。

一例ですが、
こちらなどをご参考にしてください。
モデル骨エクササイズ

ご参考にしてください。

Posted in Q&AComments Closed 

関連記事