Jul 5, 2015

ポッコリお腹、下腹痩せのQ&Aのまとめvol.1

Q.お腹周りが気になっています。

全体的に痩せていると言われるのですが
洋服を脱ぐと、お腹のぽっこり感に
愕然とします。

お腹痩せのために
腹筋、側筋、ツイスト腹筋
などを取り入れていますが、
開始から1か月、あまり変化がみられません。

効率的にお腹を凹ませるのに
良い方法はありますか?

Q.体脂肪は「全体的に増減する
性質があります。

また、どんな方法であれ
最終的に筋肉によって消費」されます。

つまり、全身の大きな筋肉を中心に
筋トレして行くとスムースなお腹痩せ
可能になります。

 

Q.昔から寸胴な体型に悩んでいます。

特にお腹周りにくびれがなく
下腹もポッコリしています。

全体的には痩せ型と言われますが
体型に自信が持てません。

くびれを作って
メリハリのある体型に変えたいです。

A.全身のボディラインは
骨格の角度で作られます。

くびれを作り、メリハリのある体型に変えるのは
骨盤を前傾させる
背中の筋肉を強くする
基礎代謝を増やす
などが必要です。

 

 

Q.比較的ウエストのくびれは出来やすいのですが
その下のヒップと腰回りが痩せづらいです。

なのですごく腰が広く見えてしまいます。

この部分を減らすことは出来ますか?

A.可能です。
体脂肪、筋肉は
関節の動きの少ない部位に付きやすい
傾向があります。

拝見した体型だと
腰回りが硬い
股関節の前が硬い
ヒップが硬い
と推測できます。

筋肉のバランスをとることが必要です。

 

 

Q.二の腕やお腹を痩せたいのですが
この部分の筋トレを行おことは
部分痩せに効果的ですか?

A.あまり効果はないでしょう。

筋トレはあくまでも
筋肉を太くする手段」です。

気になる部位を筋トレすると
その部分が太くなる以外ありません

また、体脂肪は
全体的に増減する」性質があります。

このことからも
全身の大きな筋肉を増やすことが必要です。
(↓クリック)
基礎代謝アップエクササイズ

しかし、部分的な悩みが残ることも事実
これは
関節の動きが少ない部位に付きやすい
体脂肪の傾向によるものです。

気になる部位周辺はストレッチなどで
可動域を増やすのも良いでしょう。

ご参考にしてください。

 

 

 

 

Posted in Q&AComments Closed 

関連記事