Oct 20, 2015

ハの字のヒップ2

骨盤の後傾の特徴

骨盤が後傾すると
○肩が硬くなる
○ヒップが硬くなる
○足の付け根が弱くなる
○背中が弱くなる
の傾向が出ます。

それぞれの部位をまずは解消します。

IMG_8268[1]

肩の前のストレッチ

イスに座り、両手を体の横、
イスの淵におきます。

ゆっくりとヒップを地面に下げていきます。

これによって肩の前側がストレッチされます。

 

ヒップのストレッチ

姿勢筋であるヒップは
弱くなり、骨盤が後傾することで
硬くなります。

これにより伸び縮みが少なくなり
さらに筋力低下を招きます。

このことからも
まずは伸び縮みをさせるために
ストレッチが必要です。

イスに座り、片足を浅めに組みます。

背筋を伸ばしたまま前屈します。
これによりヒップの筋肉が伸ばされます。

足の付け根のエクササイズ

仰向けになり膝と股関節を90度に曲げます。
自転車を漕ぐように
足を前後に動かします。

かかとで押すようにすると
より効果的に足の付け根が使われます。

背中のエクササイズ

両手の平を体の後ろで組みます。
真下に向かってピン!と伸ばします。

肩甲骨を内側に寄せるように
行うと良いでしょう。

これによって背中の筋肉が刺激されます。

関連記事