ナチュラルボディメイク

ナチュラルボディメイク
~全てをそぎ落とすシンプルボディ~
image

不自然な筋肉、部分的な脂肪減らす
部分痩せの絶対法則

二の腕痩せ、足痩せ
ふくらはぎ痩せ、肩痩せ
首痩せ、お腹痩せ
できない箇所はありません。

本気の女性のみ、最後までお読みください。

自然な体型とは?
ボリュームがあったり
げっそりしていたり

なんか違和感!

IMG_9346[1]

自然なスタイルとは自然でいてキレイ。

そんな体型を作るには?

地球からの垂直な重力を受けます。

これを背骨や骨盤が垂直に受け止めることで
自然な姿勢を作ります。

そのため腕や足、背骨等の縦長の骨は
縦方向の刺激に対して滅法強くなっています。

この重力を垂直に受ける!
ということが自然なこと。

しかし、ライフスタイルの変動によって
姿勢に変化が出る。

すると、本来垂直に受けられていた骨への負荷が
垂直でなくなる。

骨は斜めや横の刺激に弱いので、
これを補うために筋肉が過剰に発達します。

部分的に太い!

という体型の悩みは全てこれ。

IMG_9390[1]

自然の摂理から
自然と不自然な形に変わっている。

地球上で生活することは
重力と共存するということこと。

棒状の部分太りのない体型には
骨格の自然な重力の受け止めが100%必要です。

むしろこれを無視して部分を痩せることは
どう考えてもあり得ないこと。

また、部分的に負担がかかるということは、
部分的に負担がないところもある!ということ。

これはさらに凸凹を促進し
体型全体が歪んできます。

IMG_8977[1]

自然の良い姿勢とは?

一般に体の中心である骨盤。

その中心の仙骨の傾きが前に10度と言われています。

これは見た目にはわからない。

また、ジッと1日中全く同じ姿勢でいるわけではない。

これらからも、
良い姿勢はある程度の憶測となります。

一つの見方としては上半身。
体は全身連動しています。

例えば猫背が強くなると
骨盤が後ろに屈んだり。

多くは肩ー背中と骨盤が
連動していきます。

つまり、目に見えやすい
上半身の姿勢が姿勢改善のポイントになっていきます。

IMG_7283[1]

上半身のポイントは
首ー肩ー腰骨のライン
垂直線上にあること。

これを保つと、必然的に骨盤の傾きも整います。

これは=足痩せの唯一の方法でもあります。

足の負担が姿勢によって軽減されれば
間違いなく足は細くなります。

いきなり骨盤がどうこう!

と言われても、歪みなんてわからない。

となりがち。

骨盤自体は
西欧医学では歪まない。
東洋医学では歪む。

と統一されていないもの。

IMG_7210[1]

ここが原因で足がどうこうとなっても、確実な改善方法は
まず見つかりません。

何でもかんでも、
見えないもののせいにするのは危ない。

原因が目に見えないから
改善も確率の問題。

場合によってはハズレくじを引くことに。

なんて時間の無駄は嫌ですね。。

部分的に発達するには
必ずその理由があります。

動作の面では?

体の動作は全てテコの原理で成り立っています。

懐かしい。。

運動学では第1、2、3のテコがあり、
それぞれに負担のかかり方が異なります。

もちろんトレーニングプログラムには
これらのテコが取り組まれているのが普通です。

IMG_6469[1]

例えばスクワット。
フォームによって
太ももがきつい!
ヒップがきつい!
腰がきつい!

と分かれるのは
テコの関わり方が異なるから。

これらは柔軟性や骨の長さの比率で決まります。

みんな同じフォームでスクワット!

なんてことになっては大変です。

これぞ確率の世界!

確実にハズレくじを引く人が出てきます。

もしそれが自分なら、、、恐ろしいですね。。。

IMG_7182[1]

あなたに合った!ってなに?

例えばスクワットのオーダーメイド。

あなたに合わせたフォームで!

どの辺を合わせるのか?

主に合わせるべきは
○背骨ー脚の長さの比率
○膝上ー膝下の比率
○背骨ー膝上、背骨ー膝下

これらがどのようなテコを生んで
どう負担がかかるのか?

そして、どれくらいの回数、重さを扱うのか?
がオーダーメイドのポイント。

できそうな重さ!

では大変なことになります。

IMG_5624[1]

例えば、
膝上ー膝下の比率で
膝上の方が長い場合。

スクワットの負担は
膝上と足首周りに集中します。

これに対し負荷をかけると
膝上、足首が太くなります。

おそらく、この部位を自ら太くしたい!

という女性はいないでしょう。

このことからも
万能と言われるスクワットでも、
確実なオーダーメイドが必要。

スクワットして脚が太くなった。。

とハズレくじを引いてしまっている方も
いるでしょう。

関節周りはゴツゴツ感

関節は骨と骨を円滑に繋ぐ部位。

自然にもこの部位には脂肪が付きづらい。

例えば指。

やばい、、
指めっちゃ太ったわぁ。、

という人はいませんね。

指に脂肪がついて
もし動かなくなったら大変!

だから体はこの部位に脂肪をつけません。

つけるなら、別に動かなくても問題ない部位。

やはりお腹周りが選ばれます。

IMG_5483[1]

逆に普段から捻ることが必須な生活をしていると、つけない。
ついたら生活に困る!

これらの見極めは柔軟性です。

よく動かす部位には適度な柔軟性があります。

逆に動かさない部位は硬くなる。

つまり、脂肪のつき方は
関節の柔軟性に左右される
という傾向があります。

適度な柔軟性の部位にはつきづらい。
硬く動かさない部位にはつく。

ということになります。

もともと自然にある身体の関節。

ここの生活上でよく使う部位
あまり使わない部位。
年齢を重ねるごとに細分化されていきます。

だから年齢を重ねるごとに
部分的な悩みが増えていきます。

筋肉の負担、脂肪のつきやすさ。

これらの不自然さ。

これらを根本にして
自然さを引き出すために
運動があります。

IMG_9350[1]

たくさん動く!
ガンガンやる!

ここに意味はあるの?

あくまでも自然さを作り出す手段。

ただそれだけでしかない。

その手段の使い方を間違えると
一生かかっても理想の体型は作られません。

自然な体型には
重力、ライフスタイル、癖

これらからくる
身体の負担、脂肪のつきやすさの傾向。

それぞれを解消してこそ得られるものです。

むきむきに作る!?
ではなく、自然に戻す。

一生保てる体型作り
ご提供いたします。

【ナチュラルボディメイク】
☐月12回2100000
☐月8回1400000
☐月4回70000

上質であり、自然の美しさに特化した
最高級のボディメイクをあなたに。

お問い合わせはこちら
(↓クリック)
ボディメイクのご相談