幼児体型を抜け出す5ステップ!

手足は細く
身体の中心部分にかけて丸くなる
幼児体型。

ファッションでコーディネートしても脱いだらピンチ!
そんな女性のために。

そもそも幼児体型はなぜ作られる?
共通点は2つ
○骨盤の後傾
○体幹部分の筋量不足

じゃあ筋トレ!

と話はうまくいきません。

そもそも、日常で体幹周りが
使われていないから幼児体型。

日常で使えていないものを
筋トレでは意図的に使うのは無理。

日常料理しない人が
いきなりフランス料理のコースを作る!
と言っているようなものです。

幼児体型の抜け出しには
5つの姿勢のくせをつけることが必要です。
IMG_6249[1]
人は産まれてから、2足で立つまでに
幼児体型から抜け出します。

そう、その名の通り
幼児出なくなる時、
幼児体型は解消されていくのです。

これは幼児の時に5つのステップを踏んで
2足立ちに変わっていくメカニズムがあるから。
つまり、この間に体幹部分のエクササイズ
自然に行っています。

再び体幹が弱くなり、幼児体型に逆戻りのあなたは、
再度5つのステップを踏むことが
スムーズな解消のポイントです。

1.仰向け
産まれた時は仰向けで思いっきり泣きます。
→身体の中心部分である
お腹の深層の筋肉を使う。

IMG_6412[1]

IMG_6413[1]
息を2秒で大きく吸い、お腹を凹ませながら吐く

2.寝返り
お腹と上半身、下半身連動を作る
→背骨を捻る筋肉、横腹の筋肉の刺激
IMG_6416[1]

IMG_6419[1]
なるべく足の力を使わないように寝返る

3.うつ伏せ
立つ為に必要な姿勢を保つ筋肉を使う
→スラッと伸びた美姿勢を作る
IMG_6414[1]

IMG_6415[1]
みぞおちのあたりまで浮かす

4.四つ這い
実際に全身を使って歩く感覚を養う
→手は細い、お腹は丸いのアンバランス解消
IMG_6420[1]

IMG_6421[1]
対角の手足を伸ばし、肘膝を丸めてくっ付ける

5.膝立ち
実際に2足で体幹でのバランス感覚を養う
→立つ時にしっかりお腹に力を入れる練習
IMG_6422[1]

IMG_6423[1]
膝立ちになり、ダンベル等を対角に大きく振る

幼児体型抜け出しへの近道!
もちろん最短ルートは
charmbodyのパーソナルトレーニングというのは
いうまでもありません。
IMG_9359[1]