Jun 30, 2018

女々しくて、言えない本音。

噂で聞いた。

○秘書の「何着て行こうかなぁ」
○銀座店店長の「ジャケット必須?」
○表参道店長の「靴どうしようかな」

昨日は6月の平日も終え、
4年目終了の決算手続きも終了。

おかげさまで、無事に5年目に入る
株)ボディメイクジャパン。

創業メンバーで打ち上げの食事会へ。

毎年やってますが、
なぜか、この時は和食と決まっている!
事実、創業5年目までに生き残る会社は
4.4%の厳しいダイエット業界。

なーーーんにもない、夢だけある。
0の時から、今日の今まで。
本当の意味で苦難を共にしてきた
創業メンバーの4人で食事へ。

たわいもない話から、大切にしてること、
仕事のこと、これからしたいこと。

やっぱオレ、
この人たちといる時が一番楽しい。
ずっと一緒にいてほしい。

女々しくて、そんなことは言えませんが、
毎回会うたびにそう確信します。

ウラ話ですが、
2014の創業から半年あたりには
10人程いました。

どっちが良い悪いではなく、
反りや考えが合わなくなり
7人が辞めました。

そんな状況を目の当たりにすると、
不穏な、嫌な空気が漂います。
「この会社大丈夫?」
でも思われても仕方ない状態。

1人1人ちゃんと話したいけど、
当時は毎日忙しすぎて、
ほとんど社内にいない。
側近の秘書ですら、良くて月1会う程度。

でも仕方ない。やることがありすぎた。

覚悟した。
悪い状況は続くものだと。

きっとこの人たちも
いなくなるんだろうなぁ。
仕方ない。自分が悪い。

でも、現実は違いました。

「立て直す!」
こまめに社内状況やお客さんの悩みのこと。
施設の環境や前いた人の尻拭い。

僕がいなくても、
3人で協力して立て直してくれていた。

僕は苦虫を噛み潰した顔で独り言。

「マジか、、」

人なんか信用できない。
当時思っていた自分を殴りました。

いなくなるとか、不安だらけの気持ち。
そんな小さいことどうでもいいわ。

今いてくれるこの人たちのために
できることをしよう!

そう決意して早3年。

○ボロクソになり当たり散らした時もある
○気分良すぎて朝まで連れ回したこともある
○不安にもさせたし、怒らせたこともある

激動すぎるベンチャーの波を
一緒に切り抜けてきた仲間。

「あなたたちがいるから今僕はここにいる」

雇ってる?雇われてる?
形式上はそんなのがあっても、現実は違う。

僕はこの人たちに「生かされてる」

責任!責任!と、
勝手に背負っている
何百キロの重荷が、ガラガラと崩れ落ち
素の自分になれる。

「あなたたちのおかげで今僕はここにいる」

○どれだけ知名度が上がろうが
○どれだけ儲かろうが
○どれだけ成功してると言われようが
絶対に忘れてはいけないこと。

これを忘れた時点で、人生の敗者。

「あなたたちのおかげで今僕はここにいる」

だからこれからも一緒に頑張りたい。

体型に悩む人を、
1人でも多く救うために。

それだけのために、あなたのために。
どこまでも貪欲に、怒り、悲しみ、
楽しみ、喜び、寄り添っていく。

その同じ方向を向いていける人たちを
短い人生で3人も出会えたこと。
こんなに幸せなことはありません。
何にも代えがたい宝物。

今日は完全な個人話ですみません。
でも、年1回の節目の時期として
どうしても想いを話したかったから。

5年目に入ります。
今季もより一層!
あなたのために貢献できるよう
一同精進していきます。

Posted in 未分類Comments Closed 

関連記事