Jun 15, 2017

「食べても太らず、食べないと太る」体脂肪の仕組み

マタニティ雑誌「Baby-mo
体幹リセットダイエット
ご紹介いただきました!

産後に緩むインナーユニット
(横隔膜、腹横筋、骨盤低筋群、多裂筋)
開きが残る硝子軟骨の恥骨結合(骨盤)
見た目に見えないところですが、
着々と下腹、背中、太もも外へと
体脂肪をつけてしまう原因。

ママになっても、、
いや、ママだからこそ綺麗でいたい!
お役に立てますように。

少しさかのぼりますが、

4/29〜5/6に渋谷スクランブル交差点
メインスクリーン全面で
ボディメイクジム、体幹リセットダイエット
をご紹介いただきました。

そこからのご紹介で、
夏は!六本木ヒルズ、ミッドタウンにて!
のお話をいたしました。

未だ知らぬボディメイク難民のために
届きますように。

といことで今日は
食べることに悩む、、
ダイエット難民のあなた

食べてないのに翌日太った、、
これが成り立ってしまうのは、
カロリーの滞在時間」が関係しています。

体内のカロリーの滞在とは?
まず、脂質を摂ったから脂肪になる!
というわけではありません。

摂取が消費を上回った時
カロリーが脂肪に形を変え
体内に蓄積されます。

この、カロリーが余った、
と認識されるのは約2~3日の時間が必要
見た目として現れるのは約1週間
の時間差となります。

食べ過ぎた翌日に調整。
カロリー的に問題ないのに、、
1週間後に太ってる。。

たくさん食べて、翌日から食べないことは
食べた日は摂取過剰
食べない日は消化吸収に
カロリーをほぼ使わないので
基礎代謝の40%が減少。
消費カロリーが激減します。

結果として
カロリーを消費しきれない。。

例えば、
日曜日にたくさん食べて、
月、火食事制限。土曜日に太る、、
というのは珍しくありません。

ここでの解消のポイントとなるのは
食べてからの2~3日。

カロリー調整!だけではなく
次の2つの方法が効果的となります。

食事回数を増やす
→カロリー面での調整に加え
食事の回数を5回目安に増やす。

1~2回で済ませてしまうと
摂取カロリーの少なさ
消化での消費カロリーの少なさから
結果的に脂肪の蓄積に繋がります。

朝に糖質、脂質を摂る
→食欲がなくても、これらは摂りたい!
いわば、脂肪の火付け役。
潤滑な脂肪燃焼に効果的です。

オールブラン+ヨーグルト
オリーブオイル+目玉焼き等の
等がすぐに出来る取り入れ方。

食べたら翌日は食べない!だけでは
不可解な体重増加に対応できません。
食べてからの2~3日の過ごし方で
決まる体重の原則ご参考にしてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
0から学ぶダイエット資格取得講座
○痩せよう!と思ったら誰よりも早く痩せられる
○時、場所を選ばず痩せられる!
○食事の場で無意識に痩せる食べ方が出来る

(↓クリック)
【NY,Paris認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】

1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「夏のモデル体型ボディメイクダイエット」

(↓クリック)
夏の!モデル体型ボディメイクダイエット

【1カ月で25万部突破!】 
ジムに通えない43都道府県のあなたへ。
モデルが秘密にしたがる
体幹リセットダイエット

(クリック↓)
詳しい書籍内容はこちら

Posted in コラムComments Closed 

関連記事