May 13, 2017

糖質カットとダイエットにまつわる話

18318354_1310440642365428_862668227_o

GWは東京渋谷スクリーンにて動画放送
8店舗の渋谷区書店書とのイベント。
(スクリーン動画をアップしました!)
(↓クリック)
渋谷スクリーン放映分5/2

なので!
IMG_2930[1]

6月は大阪の地下鉄に上陸です!
また近づいたらご報告しますね!

さて、今週は合計で3件の
居酒屋、カフェ、レストランへ。

img_10631

外食を楽しみました!
‥‥ではなく、
新メニューのご相談をいただきました。

今や低カロリーメニューは溢れています。
ハンバーガーでパンを使わない
スイーツなのに糖質ゼロ
パスタですら、こんにゃく麺
クオリティが高く美味しいです!
が、、それをずっと続けられるか??

また、一番大変なのは、
それに慣れてしまった後に、
普通に糖質を食べた時。

あなたも経験している通り
体重は跳ね上がります。。

その原因は
1日の消費カロリーの70%は基礎代謝。
基礎代謝の内訳は
筋肉40%
→糖質を摂らないと筋肉が分解されます。
消化吸収40%
→糖質、脂質、タンパク質の消化吸収で
カロリーを消費する機能がある中、
糖質だけ欠けると、糖の代謝機能が低下
(ちょっと食べても脂肪になりやすい)

また、体脂肪が減らなくなることも含め、
今日は糖質カットにまつわる話です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日ギョッとしたこと。
ダイエットの流行りは
他の何よりも早い。

1.すぐに試す方が10%
2.新しいものへの興味で40%
3.前者の反応を見て40%
4.最後までじっくり考えて10%
これが物事に対しての行動心理の公式。

ダイエットの場合は
元々の興味が大きく影響し
1.すぐに試す方が15%
2.新しいものへの興味で45%
3.前者の反応を見て30%
4.最後までじっくり考えて10%
のように試してみる速度が速くなります。

だいたい通常はこの一連で3年ほど。
しかし、ダイエットでは1年半程
ピークを越えることが多くなります。

代表的なのは糖質制限。
早く流行が終わってしまうので、
それを避けるために出てくるのは?

過激なほどのメッセージ。

『炭水化物が人類を滅ぼす』
『日本人だからこそ「ご飯」を食べるな』
といった広告タイトルに始まり、
『主食を食べると不健康になる』
『ご飯・パンの糖質が現代病の元凶!』

現に世に出ているタイトルですが、、
昨日実際に目にしてギョッとしました、

ダイエット業界に
10年以上関わっていますが、
糖質制限が出てきてからの方が
大幅にリバウンド
何しても痩せなくなった
食べてないのに痩せない
と相談させることが
3倍は増えたと思います。

なぜなら、今糖質制限をすると、
今後もう
ご飯、パスタ、スイーツやケーキ、パン類を
食べることができません。

と宣告していることになるからです。

理論的には、
唯一糖質制限で痩せ、
一生リバウンドしない方法は
一生糖質を食べないこと」です。

‥‥
全く人生が楽しくなくなります。。

ランチのパスタでリバウンド
差し入れのクッキー食べたらリバウンド
1日の終わりにアイス食べたらリバウンド

1年以上
糖質制限している女性だとすでに
フルーツで太る、
野菜で太る、
飴1つで太る、
となり、現に女性の
5人に1人はこうなっています。

今までの人生で、
普通に楽しめていたこれらが、
何一つ楽しめなくなってきます。。
もちろん解消しておかないと
今後もすっと食べれないまま。。

仮に、糖質0で痩せた後キープするには?
と聞かれた場合、出来るにはできますが、
かなり厳密になります。

例えば
1/30日ダイエット終了
2/3まで朝食にご飯をお箸一口
2/6までまた制限。
2/7は制限、2/8は朝食に2口〜〜〜。。
増えたらどうして、減ったらこうして。
と1ヶ月は綿密に繰り返します。

仮にダイエット施設で
ダイエットが終わったら
終わった後にそこまで綿密に見てくれるか?
(見てくれるなら全く問題ありません。)

ここが需要供給が狂い始めるところ。
また同じ所、別の所へ
ダイエットしに行くしかない!

ダイエット難民が難民のまま。
まさに今の現状を語っています。

みなさん体内環境のスタートが違うので
細かくは書くのが難しいですが。。
体脂肪の減らし方」というのは
世界共通で決まっています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

簡単に書くと
運動全般の刺激、タンパク質摂取
(アドレナリン、グルカゴンの
ホルモン分泌)

脂肪細胞内の
ホルモン感受性リパーゼ活性

中性脂肪の分解
脂肪酸とグリセロールに分かれる

クレブス回路へ内でエネルギーへ←ここで糖質!

筋肉内で消費

体脂肪が減っていくためには
糖質が必要と確立されています。
~~~~~~~~~~~~~~~

覆す理論はまた単純。
長い間糖質を摂らないと、
筋肉が糖質に分解(糖新性)がおこり、
この糖質が血統からこの回路で働きます。

つまり、筋肉も体脂肪も水分も減る
それは3日で7キロ痩せても
全く不思議ではない魔法
が糖質制限。

人間、目の前に
これほどの魅力があれば、
まして、普段痩せない、痩せたい!
との思いが強いほど、
やらないほうがおかしいかもです。

だから今、最も多いのは
糖質制限して一時良かったけど!
今は。。。な女性。

糖質制限後の大幅リバウンド」体質を
スタートとすれば、
エクササイズと食事管理で
2週間体重を+−に波うたせる
→筋肉の水分変動、ホルモンの分泌の促し
2週間体重が減る
→一時正常な代謝へ戻る
1週間体重が止まる(止める)
→代謝がまだ低いのですぐに慣れが来る

という所から
糖代謝を戻しながら、
体重も減らしていく流れが
最短の糖質制限後のリバウンド
からのダイエット
になります。

すでに糖質制限後でリバウンド経験済み、、
全く痩せず、太っていく、、

そんなあなたは是非ご相談ください。
自分で学びたいあなたは
ダイエット講座
すぐに自分の体質を変えたい
あなたはパーソナル
お待ちしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【ジムもエステも信用できない…】あなたのための
0から学ぶダイエット資格取得講座
○痩せたい時に痩せられるエクササイズ
○ストレスをコントロールするストレッチ
○自己管理の8割を占める食事選び

(↓クリック)
【NY,Paris認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】

1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「夏のモデル体型ボディメイクダイエット」

(↓クリック)
夏の!モデル体型ボディメイクダイエット

発売10日で5万部超!
【アマゾン和書総合ランキング1位】
【Yahoo!ニュース掲載】
 

2017.5.2単行書籍発売!
モデルが秘密にしたがる
体幹リセットダイエット

(クリック↓)
詳しい書籍内容はこちら

Posted in コラムComments Closed 

関連記事