Apr 17, 2017

冷え、不眠、むくみと下腹の関係

春先の週明けは用意ドン!
企画監修スタート日。

多い時は1日20記事超。
逆に言うと、
それだけ多くの体型にお困りの女性へ
役立つ情報を伝えていけるチャンス!

とてもありがたいお話です。

ということで、今日は
統計上、春先に多くなる悩み。
そして、それに対しての改善方法が
ほとんど出ていない情報。

冷え、不眠、むくみと下腹の関係
IMG_2521[1]

これ自体は人それぞれで、
絶対にこれで解消!
というものはありませんね。

筋肉量の少なさからの低体温?
睡眠ホルモンメラトニンが少ないのか?
女性ホルモン周期でのむくむなのか?
それは習慣や生活リズム等、
会って話さないと
断言はできないところです。

しかし!
これらが身体に現れると必ず!
下腹のポッコリ」が現れます。

一般的に下腹がポッコリ出る場合、
姿勢低下からの内臓位置低下
→筋肉量の少なさ、冷え
腸の内容物の滞留
→睡眠時の内臓活動の低下
黄体期のお腹への水分の滞留
→ホルモン周期からのむくみ
と繋がってきます。

つまり逆に言うと
下腹のポッコリを解消すること
これらの体質改善にも繋がるということ。

IMG_2346[1]
エクササイズでは
姿勢
胃腸の働き
ホルモンバランス
の3を合わせると
一通りの原因が解消されます。

エクササイズはこちら←

以上に沿って下腹引き締めを
行うことが、この時期の悩みである
冷え、不眠、むくみ」に効果的です。

ダイエットして
筋肉を増やす!
成長ホルモンを出す!
食事制限する!

だけのガンガン系では、
それが好き、または我慢してやる!
70%の女性はできても
30%のの運動嫌い、汗かきたくない女性
漏れてしまいます。

美容とダイエットを繋げるには
無駄な動きを省き、そういうストレスも含め
取り除いてあげること。

これも大切なダイエットの方法です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
知識ゼロから専門家以上の知識技術が身に付く!
~-10㎏をコントロールする知識技術~
NY,Parisダイエット専門資格
〇体脂肪、体重、筋肉を減らす運動、食べ方
〇食べる体質を作る為の基礎代謝アップの法則
〇痩せない部位へのエクササイズの取り入れ方
〇糖質カット、リバウンド後の糖質の食べ方

(↓クリック)
【NY,Paris認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】

4月新枠追加!
手軽に週1回(月4回)コース追加!
「モデル体型ダイエットモニター」

(↓クリック)
モデル体型ダイエットモニター

人をキレイにしたい!を仕事にしたけど、、
思うようにいかない…そんなあなたへ。

好きなことでもっともっと!
人のキレイを叶えたい!

(↓クリック)
【50日で未来が変わる!無料マガジン】
91.3%の人が知らない
美容、サロン、トレーナーの成功のレシピ

Posted in コラムComments Closed 

関連記事