Apr 12, 2017

働く女性が抱えるむくみの悩み

本日は働く女性の専門誌
プレジデントウーマンの企画作りのため
ライター取材へ。
341705

朝早くから
仕事へ行く習慣を持つ女性は
18時以降の
リラックス神経が優位になる時間
過ごし方が大切。

その中で制限になってしまうのが
夜の食事やお酒の機会。

食べる飲むことは
セロトニンという
安定ホルモンを分泌
するため、
日中のストレスとのバランスをとるために
必要不可欠。
(また、生体時計からも、
快適な睡眠で
美容ホルモンを分泌するためにも必要です。)

この正のサイクルを
負のサイクルにしてしまうのが【むくみ

朝早くからの出勤で
顔がパンパンで人前に出れない、
洋服がキツくなり、着る服に悩む
足がパンパンで居心地が悪い、
頭痛、肩凝りで体調が悪い、

仕事後のリラックスタイムを
目一杯楽しむと
この代償が付きまといます。。
image (38)

むくみ、不調等の
女性特有のストレスは
腸のむくみが根本原因になります。

大腸内では、腸壁を通して
便に含まれている水分を吸収します。
水分がきちんと輩出されずに、
腸がむくんでしまっていると
全身のむくみへと繋がってしまいます。

水分が溜まる原因は
腸の血流障害。

新しい季節で日々多忙の働き女性は
目の前のことに一生懸命で、
交感神経が活発になります。
そのため、消化吸収のための
腸への刺激が少なくなります。

血流が脳や活動のための筋肉に向かい
腸への血行が著しく悪くなります。

3日以上便秘が続く
常にお腹が張っている
食事をする時間もないのに体重が減らない
などが自覚事項です。

そこに夜の食事や飲みがあると
機能が低下している腸に負担がかかり
翌日の負のサイクルに陥ります。

これを経験すると、
心理的にも肉体的にも不安となり
楽しみを我慢し、ストレスが溜まります。
・いつも機嫌が悪かったり、
・過食が止まらなかったり。、
・自分にも周りにもイライラしたり、

何をしても改善しない体調不良、
食べてないのに体重が増加し続ける
精神的な、急な落ち込みで不安定
がまさに現代女性のストレスとなります。
IMG_2346[1]

簡単に出来る良の習慣を作る3つの方法

寝起き30分以内に朝食を食べる
→基礎代謝の低下や、
次の食事での脂肪の吸収されやすさも
もちろんですが、今日はむくみの話。

朝食を抜くと自律神経が乱れて
ホルモン分泌や血圧、体温管理など、
自律神経の働きがズレてきます。

これはいつ汗を掻く、排出するの
生体時計をアンバランスにし
万年むくんでしまう大きな原因です。

・体温を上げるタンパク質
・脳の活動を活発にする糖質
・ホルモン分泌を促す脂質

食欲がない場合は一口だけでも
習慣にしましょう。

夜に辛い、熱い、冷たいものを控える
→これらも交感神経を刺激してしまい
自律神経の乱れにつながってしいます。

リラックスを促すために
・程よく温かいもの
・歯ごたえの少ない食べ物
・39度前後の温かいお風呂

などを取り入れていきましょう。

食物繊維のバランス
→たくさん野菜を食べてるのに便秘。。
これは不溶性に偏っている場合がほとんど。

筋感のある野菜、オーガニック系の糖質
またはタンパク質ばかりの食事。

・海藻類、キノコ類等のヌルヌル系の
水溶性繊維を半分置き換える

改善されていきます。

いきなり全部!ではなく
どれかできることから少しずつ。

仕事も遊びも楽しんで
キレイに魅力的に生きていく!

これからさらに負担の増える女性社会
取り入れていきたい対処方法です!

ご参考にしてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
知識ゼロから専門家以上の知識技術が身に付く!
~-10㎏をコントロールする知識技術~
NY,Parisダイエット専門資格
〇体脂肪、体重、筋肉を減らす運動、食べ方
〇食べる体質を作る為の基礎代謝アップの法則
〇痩せない部位へのエクササイズの取り入れ方
〇糖質カット、リバウンド後の糖質の食べ方

(↓クリック)
【NY,Paris認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】

4月新枠追加!
手軽に週1回(月4回)コース追加!
「モデル体型ダイエットモニター」

(↓クリック)
モデル体型ダイエットモニター

人をキレイにしたい!を仕事にしたけど、、
思うようにいかない…そんなあなたへ。

好きなことでもっともっと!
人のキレイを叶えたい!

(↓クリック)
【50日で未来が変わる!無料マガジン】
91.3%の人が知らない
美容、サロン、トレーナーの成功のレシピ

Posted in コラムComments Closed 

関連記事