Jan 11, 2016

普通にスイーツを食べるには?

女子なら絶対!

食べたい!

スイーツ!

日本のお菓子は世界に誇るクオリティ

見るだけでも美味しい。

でもダイエットのために控える。

IMG_9766[1]

いつになったら食べられる?

徹底して糖質制限!

と頑張るほど、
スイーツは食べられなくなります。

糖質制限の期間が長いと
糖の代謝能力が低下します。

また、水分量も低下

炭水化物!

その名の通り水が多く含まれています。

パサパサのピザでさえ
50%は水。

なら水をたくさん飲めば!

IMG_9743[1]

これは勘違いされやすいこと。

水を体内に溜め込むには
糖質が必要。

等が少ないと水分をたくさんもっても
排出されます。

これはむくみの原因にもなります。

水は溜め込めないほどむくみます。

脱線するのでこれはまたの機会に。

IMG_9765[1]

つまり、ダイエットするほどに
その後のスイーツのダメージは大きくなる。

ダイエットして、
スイーツ食べてリバウンド、、

何のための努力か、、

ダイエットの中にある想い

スイーツを食べるため!

これも多少はあるはず。

しかし、それが圧倒的にかなわない。

なぜ叶わないのか?

基礎代謝が低下しているからです。

IMG_9537[1]

基礎代謝は消費カロリーの70%

約半分は筋肉

もう半分は消化が担います。

両者が減る理由は先の通り。

これらを食い止める、

むしろ引き上げる!

スイーツを食べられる体質!

食べても太らないために必要。

具体的には?

基礎代謝を増やす筋トレ

これには糖質、脂質、たんぱく質も
必ずとること。

どれかがかけては
筋肉は増えません。

また、短時間で体全身の筋肉を使う

スクワットやデッドリフト

これらが代表的な種目になります。

食事面では
消化に時間をかける!

主にたんぱく質と繊維質

これらは消化に時間がかかる

つまり、消費カロリーを増やすこと。

そして、基礎代謝を増やすこと。

ここに帰結します。

また、食事の回数を小分けにする

消化の回数が多いほど
代謝も活発になります。

朝昼夜の順に
カロリーは減らしていく。

カロリー、脂肪を燃焼しやすく
代謝を上げる。

カロリーは減らしすぎないこと。

これは筋肉を保つために必須

痩せてもすぐに太ってしまっては
単なる時間の無駄。

また、一生我慢しなければ保てません。

代謝を増やしながらの痩せ方
ご参考にしてください。

関連記事