Jan 9, 2016

体型と生活のデザイン

ふと思う

なぜ?

一人一人体型が違うのか?

仮に同じ身長体重でも

なぜ違う?

それは生活によるもの

IMG_0641[1]

食生活

活動

行動

それらがすべて総合的に身体に現れる。

それが体型となる

例えば足

足が太い、、

これは多くが足への負担が多い生活が原因

つまり、足の使いすぎ

IMG_9636[1]

運動歴

いや、運動もしてないのに、、

骨盤や姿勢、靴などの影響

骨盤が前後に傾くと
太ももや外ももの筋肉を使いすぎる

これが長年癖として残ると
足の太さになる

また、姿勢も背中が丸まると
上半身の重さを
足でささえることとなります。

ここで運動!

となるとそれもそのまま足の負担に。

また、食事制限をしても同じ。

足への負担がかかる生活が同じであれば
足は痩せない。

つまり、骨盤の傾きや背中の姿勢を整えること。

IMG_9603[1]

これが必要。

これは単なる骨盤調整を意味するものではない。

骨盤の歪み!

ではなく前後の傾き

体型はこと傾きによって作られます。

前傾
太ももの付け根

後傾
太ももの外

骨盤は地面に対して垂直に立てる

これが棒足のモデルの定義

IMG_9224[1]

骨盤が垂直に保たれると
足は太れない。

運動!食事!

と一生続けても
この姿勢が変わらない限り
足は一生同じ。

また背中は主に猫背。

プラスして反り腰

というパターンが多い。

骨盤では太ももや股関節外の柔軟性

背中では肩胛骨下部の筋力

これらが改善のポイントとなります。

頑張っても足が変わらない、、

当然と言えば当然、、
変わらないには理由があります。

そして、変わるにも同様に理由があります。

関連記事