Jan 7, 2016

運動の習慣の間違い

ダイエットには運動!

たくさん歩く

階段を使う

IMG_9846[1]

それはわかってるけど、

それはわかってる、、

‥‥

というよりも

これ自体正しいとは言い切れない

要はどうなりたいのか?

全ての答えはそこにあります。

極端に言うと運動は筋肉が発達する

どんな運動でも同じ

体を動かす=筋肉を使う

日常生活以上の負荷は
それ自体が筋肉を発達させます。

筋肉が発達すると?

IMG_9603[1]

純粋に太くなります。

日常以下の運動では?

方法としてはできますが
これは何にもならない

日常以下というのは
体重以下の運動

カロリー消費は
質量×移動距離

つまり、この時に重さである体重を除く。

これは消費カロリー自体を少なくすること。

また、筋肉のカロリ消費は
最大筋力の20〜30%で最大

このことからも
日常以上の負荷はカロリー消費目的の運動には必要不可欠

IMG_9534[1]

運動=負荷をかける

ということが言えます。

必然的に筋肉を太くする

間違いなくこれが起こります。

インナーマッスルを使えば?

インナーマッスルは主に遅筋

これは省エネ筋

発達はしませんし、
運動でのカロリー上にも上がる!

しかし、日常で使うカロリーが減少する。

このように体を省エネにします。

1日で運動してる時間の方が多い!

という人はまずいません。

IMG_9346[1]

ほとんどが運動をしていない時間

この時間で体は痩せていきます。

スラッと棒状を目指すなら
運動はあくまで手段です。

ここに重きをおくと
棒状の体型はまず作れない

順番が大切。

体脂肪を減らすまでは筋トレや運動

筋肉の発達を促します。

その後に筋肉を減らすこと。

これを行う。

筋肉は使わなければ減る
つまり運動の負荷を減らす。

総合的に見ると
手段として運動は必要。

その後は不要と捉えるのが
棒体型を作る方法の1つです。

関連記事