Jan 7, 2016

足だけ太くなる!?

意外に多い年末年始のお悩み

足だけ太くなった、、

足だけが張る

IMG_0640[1]

これらは正解で不正解。

実際に体脂肪で太くなるのは全身

これは体脂肪の性質から言えること。

しかし、筋肉の使いすぎによる太さはよくあること。

お正月期間では発達はほぼない。

あるのはむくみ

筋肉の使いすぎによるむくみです。

なぜ負担が集中するのか?

そして、なぜ年末に?

IMG_0317[1]

1つの推測では姿勢

特別な年末年始でキリッと姿勢よく!

と考える方は少ないでしょう。

IMG_9744[1]

多くが脱力した姿勢をキープする

そして、その姿勢で歩いたり立っていたり。

これが骨盤の後傾を招きます。

上半身の姿勢はそのまま骨盤の傾きを作ります。

背中が丸まると骨盤が後ろに屈む

すると、日常の負担が下半身にかかる。

それが長期間続くと
体型となって定着する。

これがお正月期間だと
期間としては短い。

定着にはならないが、
そのまま続くと定着。

ここで食い止めること。

年始にこれができると、体型は崩れずに済む。

それには足の付け根や背中等の
筋肉のバランスを整えること。

これらは姿勢の低下とともに衰える部位。

年始に一番に使いたい部位

足の付け根

仰向けになり両膝と股関節を90度に曲げます。

自転車を漕ぐように足を前後に動かす。

逆こぎも行います。

IMG_9698[1]

背中

椅子に座り背筋を伸ばし前傾

両手を前からまっすぐにバンザイします。

これによって背中の筋肉が刺激されます。

姿勢が整うと、必然的に骨盤の傾きも整う。

結果的に日常で足にかかる負荷が減少します。

これを定着させることが
姿勢の良さと足痩せ

その両方につながります。

体脂肪の場合は
ここから全体の基礎代謝を増やす

というシンプルなもの

ここでは全身まんべんなく使うことが効果的。

太ももやヒップを使ったとしても
過度な負担にはなりません。

単に太る痩せるだけ。

これで体型を保てるようになれば
ダイエットも楽になります。

部分的な悩みは解消すべく解消するものです。

関連記事