Jan 6, 2016

打ち解けられないとき

人間関係の場

習い事

何か新しいことを始める時

IMG_0641[1]

なかなか打ち解けられない、

慣れない、

と感じることも多くあります。

なぜ打ち解けられないのか?

その1つに

自分のことをわかってくれていない、

ということがあります。

人にだけでなく、ものやことにも同様。

逆に受け入れられた途端に
居心地の良い場所へと変わります。

自分はこれがしたいのに、

方向性がずれる、

これは本当にストレス

IMG_9603[1]

関わりたくない、、

そんな想いからテキトーな対応になりがち。

これは自己が否定されるような気持ちになるから。

人は何よりも自己愛が強いもの。

人ものことに対して
マイナスになるのは
これが根元になります。

しかし、たいていの場合
それは自身で作り出しているもの。

はじめにそんな疑問を抱えていると
無意識に引き寄せる。

そして、ほらね!

となる。

まず必要なことは
私はこういう人!

という伝え方。

こらは好き、これは嫌い

IMG_0082[1]

はっきりする。

でないと、溜め込む

自己消化ならまだしも
吐き出すとこは人への迷惑。

より打ち解けられない形となる。

外見以外の中身や思考は
目では見えない。

何度も伝えることだけが伝わる方法。

IMG_0213[1]

知ってほしい!

は願うだけではまず不可能。

そのためには伝えることが必要。

大切にしていること

大切にしているもの

わかってくれる!

居場所を作り、人と関わる幸せ

何事にも変えられないこと。

手に入れた人だけが得られる幸福

過去と人は変えることは不可能

自分の行動だけが
周りを動かす唯一の手段

思い描く理想に対して何ができるのか?

付き合い方、自分の磨き方

これらで律する自己

得たいものを得る手段です。

関連記事