Dec 29, 2015

年末年始は太る?太らない?

食べる!

飲む!

そんな機会が増える年末年始

IMG_9744[1]

あなたは太る?

それとも太らない?

どんな過ごし方の差があるのか?

まずは食べるか食べないか?

運動するかは?

あまり関係ありません。

普段の日常生活自体には
それほどエネルギーを消費する場面もない。

年末年始であれ
さほど消費量は変わりません。

大きく変わるのは食事の面

IMG_9537[1]

たくさん食べる!

たくさん飲む!

これは誰でも知っていること。

しかしながら、
実はこれま少し違う。

その間で飲み食いするか?

確かに機会は多いけど
それほどでもない。

太る原因はどこにある?

それは昼〜夜の過ごし方です。

朝に余裕の出る年末年始。

この時間をどう過ごすのか?

これによって太る太らないが決まります。

例えば、起きてからほぼ食べずに
夜を迎える。

IMG_9153[1]

これは太ります。

なぜなら、空腹による基礎代謝の低下

次の食事での吸収率の良さ

これらが多くなると
一気に太りやすくなる。

逆にあまり変わらない人は
ちょこちょこ食べる習慣がある。

起きたら何かつまむ。

昼過ぎ、夕方、夜もつまむ。

しっかり食事!

ということをあまりしない。

食べ方としては効率的。

過度な血糖値の低下が防げるので
基礎代謝が低下しない。

また、消化によるカロリー消費が多くなる。

必然的に痩せる方向へとつながる。

ピンチ!

と捉えがちな年末年始

実は痩せるためにはチャンスでもある!

要は食べ方。

ピンチをチャンスに変える。

太り易いから
痩せ易いに変える。

ちょっとした工夫で可能になります。

また、アルコール面では?

素早い排出を!

アルコールは毒素として
肝臓での解毒が行われる。

その間の代謝はストップ。

つまり、その間は脂肪の燃焼は行われない。

素早い排出には
水と糖質。

1日にたくさん水を飲む!

非常に有効です。

また、糖質ではフルーツ等の
繊維質を含むもの。

これらをメインにとる。

この組み合わせが自然とできる人は
あまり影響を受けない。

反面、この習慣がないと太り易い。

体質よりもどう過ごすか?

まさに習慣がものを言います。

痩せの習慣があれば
年末年始でもなんでも問題ない。

そんな方法ご参考にしてください。

関連記事