Dec 19, 2015

運動の時間

ダイエットのために

運動しよう!

と、いう時。

IMG_9536[1]

いつするのが効果的???

結論では
続けられる時間!

これに尽きますが、
ここではそれぞれの時間帯についてです。

時間帯とダイエット

まずは朝

朝は体脂肪の分解が多いメリットがあります。

反面で基礎代謝の分解も多い。

これは分解に働くコルチゾルと呼ばれるホルモンが多く分泌されるから。

このコルチゾルは
基礎代謝の低下を招きます。

IMG_9406[1]

朝方の運動のポイント
たんぱく質や吸収の遅い糖質を摂ったあと。

つまり、朝食のあと。

ということになります。

IMG_9349[1]

たんぱく質の分解を避ける。

そして、吸収の遅い糖質により
脂肪の合成を避ける。

ここにポイントがあります。

IMG_9350[1]

昼〜夕方

この時間は事実上
脂肪の分解がピークになります。

交感神経が最も活発なこと時間は
脂肪の分解を促すアドレナリンが分泌。

これが作用することで
脂肪は燃焼されます。

反面、食感の若干エネルギー不足の時でもある。

筋トレ等の基礎代謝を増やすこと。

これには強度が足りなくなることも良くあります。

また、次の食事が夜になること。

運動後の吸収の良さからも
次の食事への配慮も必要。

IMG_9224[1]

夜の運動

夜の運動では体も動きやすい反面、
もっとも力で出づらい時。

また、食事の前後にもなるので
食べる内容がポイントになります。

たんぱく質と野菜だけ。

夜帰任トレをする場合は
たんぱく質と繊維質に絞ることも効果的。

脂肪の合成を防ぐことができます。

どの時間に運動を行うか?

これには良い面も悪い面もある。

時間にとらわれることなく
やり続けられるもの。

これがもっとも大切なもの。

ご参考にしてください。

関連記事