Dec 17, 2015

左右非対称の足1

鏡で見ると右の肩が上がる

スカートが左右へ回る

靴ノスリヘリが左右で違う

IMG_9744[1]

これはなぜおこる?

骨盤がゆがんでいる!

それだけで片付けられるのか?

IMG_9765[1]

歪みとは?

西欧医学では
骨盤自体は1つもの。

歪みは出ないと言われています。

IMG_9603[1]

東洋医学では動くが
わずか0.0何ミリ

微量な動き。

それほどに全身に影響するのか?

結論、骨盤の歪み自体では
体型に影響は出ないでしょう。

ここでもう一つの骨盤である
骨盤帯が影響します。

骨盤帯とは?

骨盤の周囲を取り巻く筋肉

このバランスが骨盤という1つの個体を
前後左右斜めに傾けます。

これが体のラインに影響します。

IMG_9605[1]

影響するのは姿勢

例えば骨盤が前に傾くと
反り腰になる

後ろに傾くと猫背

右に上がると右肩が下がる

右足が長くなる

左の腰が疲労しやすい

ねじれが出ると
ウエストの高さが変わる

首回りがこる

などが出てきます。

足の太さへの影響は?

骨盤が前傾すると
ししゃものように張る

後傾すると足首が太くなる

IMG_9536[1]

右が上がると
右が前傾、左が後傾

このような傾向が出ます。

そしてねじれ

右が前方にねじれると
左は後方。

右に前傾の傾向
左に後傾の傾向が出ます。

それぞれの解消方法は?

右非対称
骨盤の前傾

骨盤が前傾するとき
太ももの前、腰に硬さが出ます。

この部位のストレッチをまず行う。

IMG_9445[1]

これらは姿勢を支える部位。

60秒程度伸ばすことが効果的。

じっくり伸ばします。

その後は弱い部位のエクササイズ

太ももの裏、お腹などが
弱い部位になります。

伸び縮みによる収縮力を上げる。

関連記事