Dec 16, 2015

お腹が痩せると?1

お腹

くびれ

ウエスト

IMG_9662[1]

一口にお腹!

と言っても
いくつかに分かれます、

また、これらが重なり合って
悩みになる。

ということもあるのでは?

お腹痩せしたい!

‥‥

IMG_9636[1]

そもそも、、

お腹痩せして得られることは?

このなぜお腹痩せしたいのか?
考えたことありますか?

お腹が出てるとだらしない!

つまり、だらしなくなく見せたい。

きちんとしている!
と見せたい。

IMG_9340[1]

また、くびれがないと寸胴。

姿勢も悪く見える。

だらしない。

だらしなくなく見せたい!

お腹は体の中心部。

ここが緩むと姿勢全体が崩れる。

IMG_9346[1]

昔から
帯を締める
腹を据える

と決め事の時に腹という言葉が使われます。

それだけお腹は人の体型に重要視される部分。

体型に気を使っても使わなくても
見た目にはっきり出るお腹。

だからこそ
お腹痩せは無くなりません。

また、食べ過ぎた、
等の影響がすぐに出るのもお腹。

IMG_9269[1]

すぐに出るからすぐに減る?

というわけではありません。

いくつかの研究では
パン等に含まれる
トランス脂肪酸は
お腹周りに脂肪を集中させる

つまり、お腹に脂肪がつきやすくなる。

ということ。

対して減る時は?

体脂肪は全体的に増減します。

お腹優先!
というわけではない。

非常事態です。

ここですべきは腹筋!

ではありません。

ほぼ効果ゼロ。

IMG_9246[1]

すべきは姿勢と基礎代謝

基礎代謝は
全身の脂肪を減らすために必要。

体の大きな筋肉
太もも、背中、ヒップ等を増やすことが必要。

そして、姿勢。

お腹痩せに姿勢はとても重要。

例えば、グーっと前かがみになると
お腹にお肉がたまる。

IMG_9268[1]

これは同時に股関節周りの
関節の動きを狭めます。

この部位は
体脂肪がつきやすい傾向があります。

つまり、二重にお腹を目立たせてしまう、

整える姿勢

この解消には
腹筋ではなく背筋系

丸めるではなく反る系が必要。

よく起こる腰を反る!

これには注意が必要。

腰を反ってしまうと結果的に
肋骨を下方に下げてしまい
背中を丸めてしまいます。

反るのは背中

腰を反るのと背中を反ること。

これらは見た目に180度違いを作ります。

関連記事