Dec 14, 2015

焦っても仕方ない

急に今週!?

いや、大丈夫だけと、、

体型が大丈夫じゃないんだよ!

IMG_9344[1]

チャンスは突然訪れるもの。

そして、、、

ピンチも同時に。

とても楽しみなのに、
体型のせいで楽しめない。。

と、ここで焦っても仕方なし。

今から一切食べない!

IMG_9340[1]

これで印象は変わりません。

実はむしろマイナス。

何もしないほうがかえってプラスだったりもする。

短期間の短期間では
体脂肪がわかるほど減るのは
まず不可能。

そして、簡単に減るのは筋肉と水分。

この2つが減るとあることが起こります。

それは皮膚のたるみ。

肌の潤いがない。

いいイメージを持つ人はまずいません。

ある種、絞られた感。

頑張った感はありますが、
現実には見た目は不利。

だ、、大丈夫?

IMG_9119[1]

と、悟られてしまうこともしばしば。

では、そんな時。

時間がない時はどうするか?

そのまま姿勢を整える

無理に体型を変える!

は百害あって一利なし。

それよりも、ボディラインを整え
体積は変わっていないのに
細く見せる!

ことがポイント。

それに必要なのは姿勢の筋肉です。

姿勢の筋肉は年々低下する。

また、最も早く衰える部位。

そして、刺激すればすぐに体型に現れる部位。

まさに体型には欠かせない!

この部位には
背中やヒップがあげられます。

これらの刺激は見た目を変えるのに効果的です。

IMG_9116[1]

姿勢筋の刺激

背中は特に丸まりがち。

背中が丸まるとまず見た目に丸まりがでる。

そして同時に
二の腕に脂肪がつく、下腹が出る。

などの傾向があります。

背中は特に!

IMG_8920[1]

見た目をつくる上では
刺激しておく必要があります。

両手の平を背中側で組み
真下に向けてピン!と伸ばす。

もう一つ

イスに座り背筋を伸ばし前傾

両手を前からバンザイする

これらで背中側が刺激されます。

姿勢は気をつせる!

としてもラインは変わりません。

まずは背中が働くだけで
ウエストや二の腕の見た目にも変化がでます。

焦る!

段階では多くの場合
背中周りの筋肉が衰えがち。

だからこそ、効果も出やすい。

 

焦って動くほど逆効果になる。

姿勢を最優先にすること。

これがベスト。

緊急!

ここそ!

焦らずお試しください。

関連記事