Dec 13, 2015

3つのお腹の形の作り方2

運動しなきゃ!

食事制限しなきゃ!

それに腹筋を混ぜる!

IMG_9153[1]

まずはその誤解を解き
正しく行うことで誰でも
お腹痩せにつながります、

そして、ここから。

痩せたのに、、

くびれができない、
ポッコリだけ残る、
下腹が出る、

これらにはどんな理由があるのか?

これは関節の柔軟性による傾向があります。

体脂肪は関節の動きが少ない部位につきやすい傾向があります。

例えば骨盤が前傾に傾くと
股関節可動域が低下します。

これはお腹が前にポッコリと出る原因。

骨盤の後傾は下腹、

骨盤の前後傾+肋骨が硬い
くびれができない、

等になりがち。

IMG_9152[1]

大きく3つに分かれる
お腹の悩み

まずは共通して骨盤の傾きを整えること。

骨盤の前傾の場合

IMG_8941[1]

○太ももの前のストレッチ
○腰のストレッチ

骨盤後傾の場合
○ヒップのストレッチ
○肩の前のストレッチ

これらによって骨盤周りの
柔軟性が整います。

上半身それぞれのエクササイズへ。

ポッコリお腹は
負荷をかけた腹筋

下腹は
足の付け根のエクササイズ

くびれは
肋骨のストレッチ

等を取り入れます。

IMG_8847[1]

次第に癖がなくなり
痩せないお腹の部分がなくなります。

全体を痩せてから
お腹の部分を痩せる

この流れが効果的です。

これらによって
痩せよう!のスタートから
お腹痩せまで。

そこからの形作りが可能になります。
あなたのお腹痩せにお役立てください。

関連記事