Dec 5, 2015

自然派体型3

このことからも
万能と言われるスクワットでも、
確実なオーダーメイドが必要。

スクワットして脚が太くなった。。

とハズレくじを引いてしまっている方も
いるでしょう。

IMG_9346[1]

関節周りはゴツゴツ感

関節は骨と骨を円滑に繋ぐ部位。

自然にもこの部位には脂肪が付きづらい。

例えば指。

やばい、、
指めっちゃ太ったわぁ。、

という人はいませんね。

指に脂肪がついて
もし動かなくなったら大変!

だから体はこの部位に脂肪をつけません。

つけるなら、別に動かなくても問題ない部位。

IMG_9224[1]

やはりお腹周りが選ばれます。

逆に普段から捻ることが必須な生活をしていると、つけない。

ついたら生活に困る!

これらの見極めは
柔軟性です。

よく動かす部位には適度な柔軟性があります。

逆に動かさない部位は硬くなる。

IMG_8251[1]

つまり、脂肪のつき方は
関節の柔軟性に左右される
という傾向があります。

適度な柔軟性の部位にはつきづらい。
硬く動かさない部位にはつく。

ということになります。

もともと自然にある身体の関節。

ここの生活上でよく使う部位
あまり使わない部位

年齢を重ねるごとに細分化されていきます。

IMG_7208[1]

だから年齢を重ねるごとに
部分的な悩みが増えていきます。

筋肉の負担、脂肪のつきやすさ。

これらの不自然さ。

これらを根本にして
自然さを引き出すために
運動があります。

たくさん動く!
ガンガンやる!

ここに意味はあるの?

あくまでも自然さを作り出す手段。

ただそれだけでしかない。

その手段の使い方を間違えると
一生かかっても理想の体型は作られません。

自然な体型には
重力、ライフスタイル、癖

これらからくる
身体の負担、脂肪のつきやすさの傾向。

それぞれを解消してこそ得られるものです。

logo_silver_banner.fw 2

ボディメイクでは
その名の通り身体を作る。

むきむきに作る!?
ではなく、自然に戻す。

一生保てる体型作り
ご提供しております。

関連記事