Dec 4, 2015

自然派体型2

骨盤自体は
西欧医学では歪まない。
東洋医学では歪む。

と統一されていないもの。

ここが原因で足がどうこう。

IMG_9335[1]

となっても、確実な改善方法は
まず見つかりません。

何でもかんでも、
見えないもののせいにするのは危ない。

原因が目に見えないから
改善も確率の問題。

場合によってはハズレくじを引くことに。

なんて時間の無駄は嫌ですね。。

部分的に発達するには
必ずその理由があります。

IMG_8405[1]

動作の面では?

体の動作は全てテコの原理で成り立っています。

懐かしい。。

運動学では第1、2、3のテコがあり、
それぞれに負担のかかり方が異なります。

もちろんトレーニングプログラムには
これらのテコが取り組まれているのが普通です。

例えばスクワット。

IMG_7791[1]

フォームによって
太ももがきつい!
ヒップがきつい!
腰がきつい!

と分かれるのは
テコの関わり方が異なるから。

これらは柔軟性や骨の長さの比率で決まります。

みんな同じフォームでスクワット!

なんてことになっては大変です。

これぞ確率の世界!

確実にハズレくじを引く人が出てきます。

もしそれが自分なら、、、

恐ろしいですね。。。

IMG_7738[1]

あなたに合った!ってなに?

例えばスクワットのオーダーメイド。

あなたに合わせたフォームで!

どの辺を合わせるのか?

主に合わせるべきは
○背骨ー脚の長さの比率
○膝上ー膝下の比率
○背骨ー膝上、背骨ー膝下

これらがどのようなテコを生んで
どう負担がかかるのか?

そして、どれくらいの重さを扱うのか?

がオーダーメイドのポイント。

できそうな重さ!

では大変なことになります。

例えば、
膝上ー膝下の比率で
膝上の方が長い場合。

スクワットの負担は
膝上と足首周りに集中します。

これに対し負荷をかけると
膝上、足首が太くなります。

おそらく、この部位を自ら太くしたい!

という女性はいないでしょう。

関連記事