Dec 4, 2015

ヒールで颯爽と歩く美人

街中を颯爽と歩くかっこいい姿。

それに憧れを持ちダイエットを始める。

という理由もあるでしょう。

IMG_8254[1]

主観的に感じること。

体型を変えること。

これらの結びつけにダイエットは
手段として選ばれます。

IMG_8252[1]

陥りやすい間違い。

ダイエットをする上で
目標とする姿

それを数値に置き換えたり
体の部位の形に置き換えると
思わぬ落とし穴に陥ります。

それは手段である体型が目的になってしまうこと。

颯爽と歩くかっこよさは姿。

体型は手段であり目標ではない。

IMG_8074[1]

数値が背中に貼ってあるわけでも、
周計が足に書いてあるわけでもない。

これらが目的になってしまうと
痩せない、と浮き沈みが出てきます。

IMG_8056[1]

明るい未来を見て始めたことが
いつの間にか負のスパイラル。

これはでは元も子もありません。

進め方としては同じでも
見るべきは目的である姿。

IMG_6676[1]

同じ方法でも目的の見方を変えるだけで
明らかにやる気も異なる。

目的がイメージにあると
浮き沈みの差が出づらくなる。

これがダイエットをする上で最も大事。

IMG_7320[1]

ダイエットは一定期間を要すること。

不用意に始め、不発で終わる。

後には何も残りません。

いや、むしろ太りやすくなった体型が残ります。

ある程度の運動や制限を繰り返すと
当然基礎代謝が減る。

そこに普段の生活への戻りがあると
下がった代謝で受けきれません。

IMG_7283[1]

目標はイメージして待つ。

手段は手段。

手段は変わるまでの過程

過程はムラがある

と決めて、イメージの部分を見ていること。

イメージに近づくポイントです。

実現化させるためにも
これらのことは必要。

いつも目指して諦める。

そんな自分を変えたい!
時の目標設定です。

関連記事