Nov 29, 2015

嬉しいチャレンジ

髪型を変える

ネイルを変える

ファッションを変える

IMG_9146[1]

これらは嬉しい変化。

そして、同じように体型を変えることも
嬉しい変化。

しかし、これらには大きすぎる違いがあります。

そして、それに対して同じように期待してしまうこと。

ダイエット難民が増える理由です。

では何が違うのか?

IMG_9153[1]

変わるまでの期間。

その場で変化の実感ができる
ネイルや髪。

それと異なり一定の期間がかかるのがダイエット。

わかっていても
そのギャップがショックを受ける原因。

しかし、我慢するしかない。

訳ではありません。

IMG_8918[1]

ダイエットでは変える順番として
姿勢→体脂肪→体重

この順が最も効率が良い。

これはまた、変化の順番でもある。

IMG_8925[1]

変化としてはまず姿勢。

筋肉のバランスを整えるだけでも
その場でのソッコー性があります。

他の美容と同じで、期間が経てばまた元の姿勢に戻ってしまう。

しかし、まずは見た目が変わる!

という実感をつかむために必要。

これが後のモチベーションに繋がります。

これが定着につながる頃
体脂肪にも変化が見られます。

あなたにマッチした方法であれば
1〜2週間で確実な体重の減少が感じられます。

姿勢はそれまでの期間の繋ぎにもなります。

IMG_8450[1]

姿勢と体脂肪の減少がつながれば
ほぼ成功。

見た目のラインと体型が変わる。

これは変化の喜びに繋がります。

そして、満足な人は維持。
進む人は部位別に変えていく。

維持はダイエット時の筋トレの
70%程度の負荷。

部位別はその部位に絞っての変化となります。

漠然と始めると、効果の出方も漠然、
維持の仕方もわからない。

とどうにもならない結果になります。

それだけに、始めよう!
と思った時のはじめ方は重要。

IMG_8485[1]

おさらい

まずは姿勢。

猫背や骨盤の傾きが一時整うだけでも
明らかに見た目の差が作られます。

姿勢を変えるときには
アンバランスを整える筋トレ。

アンバランスが整うだけでも
使う筋肉が増え基礎代謝が増えます。

また、体の大きな筋肉を使う筋トレも含めると、

よりスムーズに体脂肪の減少に繋がります。

IMG_8207[1]

その頃には目に見える体脂肪の変化が出る。

そのまま食事と合わせ減らしていきます。

そして数値。

IMG_8112[1]

これには体脂肪だけでなく
筋肉の量も関係します。

不要な筋肉は減らす。

つまり、もともと負荷がかかっていた部分は減らすことが必要。

筋肉は同じ体積では脂肪の二倍重いことからも、
これを減らすことは体重の減少に直結します。

多いのが、太ももやヒップ、かたの筋肉等。

筋肉の性質
使わなければ減るを利用して
減らしていきます。

この時はたんぱく質の制限等も含め
使わない仕組みを作っていきます。

これらによって

姿勢ー体脂肪ー体重までのコントロールをしていきます。

この流れは体型を変えるための黄金法則

維持には先の70パーセントの負荷での刺激。

これを週に2回で維持に繋がります。

部位的な引き締めは
太もも、二の腕、ふくらはぎ等に絞ることが多い。

IMG_9170[1]

これらは残りやすい部位。

脂肪でも筋肉でも太さが出やすい。

関節の動きの少ない部位に
筋肉や脂肪はつきやすい傾向からも
これらの柔軟性のバランスを整えるのが良いでしょう。

このように体型のバランスを整えていきます。

なりたい体型は作るべくして作る!

あなたのダイエットのご参考にしてください。

関連記事