Nov 20, 2015

ショッピングモールとダイエット

女の子と楽しみ!
ショッピング!

洋服に、雑貨、食べ物!

生活に必要なものを買うとき
またまた、不要なものを買うときも!

IMG_8976[1]

今の時代、必需品はコンビニでも揃う。

多くは自分の生活をより豊かにする!
感動や価値を感じるものを見つけたい!
欲が強くなります。

例えば食べ物ではどうでしょう。

命を繋ぐために。。

と買う人はまずいない。

食べた時の幸福を価値
見た目の美しさを感動
として買います。

IMG_8885[1]

体は全てが食べたもので作られる。

この価値や感動をどこに置くかで
体型も決まってくる。

ということです。

IMG_8944[1]

見た目に美味しい限定ケーキ!
シュークリーム、パン

誘惑がたくさんある中
それをたくさん買ってしまう人、
好きなのに見向きもしない人!?

これにはどんな差があるのか?

IMG_8820[1]

食べた後の幸福と罪悪

ケーキを食べた後には
2つのことがやってきます。

まずは味覚に感じる幸福感!

そして、その後の時間差でやってくる
食べた後の罪悪感。。

誰しもどちらも経験しているもの。

にも関わらず2通りに分かれるのはなぜか?

それはその後のライフスタイルの
イメージによって異なります。

幸福感はイメージできるけど、
罪悪感でその後にどうなるか?

がイメージしづらいと食べる。

罪悪感の先に
太ると○○になり○○ができなくなる。

等のイメージがあると避ける。

良いことが多いのか?
悪いことが多いのか?

これが甘いものを見るとついつい買ってしまう。の差になります。

やはり甘いものは食べたいし、
食べた時の幸せも知っている!

食べて太っても、そんなにわからないでしょ!

色々隠せるでしょ!他でカバーできるでしょ!

IMG_8548[1]

食べたら太る。。

見た目に太ったね、の印象がついてしまう。

今のおしゃれができなくなる。

これらの葛藤がどちらに向くか。

仮に、食べてしまう。
と悩む場合は、
この後者の理由付けをすること。

食べたら○○ができなくなる。

が歯止めを効かせるポイントとなります。

いくつか考えてみましょう。

IMG_8415[1]

食べたら
顔が丸くなり周りに言われる。
体型管理できない人と会社で思われる。
友達のスタイル良い子と一緒に歩けなくなる。

等、人にどう思われるか?
が考えるポイント。

人の目なんて気にしない!

IMG_8485[1]

というのはどういうことか?

これはありえないこと。

人は必ず人の目を気にします。

人間社会で共存している以上
気にするのはむしろ当たり前。

ものだけでは豊かさが飽和している現代こそ、

直接のつながりが持つ意味は計り知れません。

無意識に誰しも人の目は気になるものです。

この人!を意識してみると

例えば、ノースリーブ出歩くとき
二の腕がハムみたい。。

と思われるからケーキは我慢する!
のように強い動機になります。

IMG_8417[1]

人は自尊心の生き物。

認められたい!
好かれたい!
出来るようになりたい!

の欲求を持っています。

これらの欲求の強さやバランスは
人それぞれに異なりますが、
どれも必ず持っているもの。

IMG_8408[1]

あなたは重要な存在です。
の認められたい!

好きです。
の好かれたい!

自信がある!
のできるようになりたい!

どれが強いのか?を知っておくと良いですね。

食べ物もこの自尊心に結びつきます。

例えば、アメリカでは
体型の悪い人は出世できない。

つまり、レベルを低く見られてしまいます。

IMG_8984[1]

自己管理ができない人。

これは嫌ですね。

かなり否定的です。

食べることは食欲

その欲に負けてしまう。

言い換えると、お金の面、恋愛面でも
人が欲に負けてしまうことは
幻滅してしまいます。

それほどに食べ物で現れた体型も
人への影響は強くなります。

人は人を無意識にどんな人か判別します。

そのほとんどが第一印象。

平等と言いつつも、
接し方には人によって程度を変える
ことが多くなります。

お年寄りには優しく
生意気な人には厳しく

というとの平等ではないから起こること。

食べたものによる体型で
人からの接され方も変わってしまう。

それでも幸福のために食べる!
というのであればそれも良し。

人からの接され方は
自らが決めていること。

これは人のせいではありません。

あなたがどのような人でありたいのか?

ショッニングモールで
甘いものの誘惑に負けそうな時は思い出してみてください。

関連記事