Nov 16, 2015

こんなときに限って、、

よし!ダイエット!

と決め込む!

そんなときに限って、
なぜ誘う?飲み会。

IMG_7987[1]

せっかくの飲み会も罪悪感でいっぱい。

ダイエットにも、誘ってくれた仲間にも。

切っても切り離せないお酒とダイエット。
どう付き合う?

IMG_6999[1]

アルコールはダイエット中にはマイナス。

理由は肝臓のアルコール解毒優先による、代謝機能の低下。

また、満腹中枢も麻痺して
食べ過ぎてしまう原因になります。

少しだけ飲む。

でも代謝の低下は同じ。

飲むなら飲む!方がメリハリがついて良いでしょう。

アルコールはダイエット中にはない方が良いですが、

あるものはある。

飲み会シーズンであるこれからも
避けられないもの。

賢い飲み方と、対処方法を身につけることは、

太らないために必須となります。

アルコールの選び方

アルコールには血糖値を上げてしまう糖質を含むものが、基本はNG。

ビールや日本酒、カクテル系は避けた方が良い。

選ぶなら蒸留酒

焼酎、ウイスキーなど。

これらは度数も高いので、薄めることも多く、

アルコール自体の摂取は減ることになります。

食べるもの

このときに気をつけたいのはカロリー。

満腹中枢が麻痺しがちなお酒の席では
それだけで食べるカロリーが高まりやすくなります。

The word diet spelt out in vegetables on a wooden board.

The word diet spelt out in vegetables on a wooden board.

単純にカロリー。

お酒の席ほど、単純に食べたカロリーが
そのまま営業しやすい。

揚げ物系はまず避けるべき。

アルコール自体のカロリーは
熱として放出されます。

その他の面でのカロリーをコントロールすることがポイントとなります。

野菜、刺身、豆腐などを積極的に選びましょう。

IMG_6980[1]

そして翌日。

飲み食べをセーブできても
翌日の過ごし方でこの成果も変わってしまいます。

まず、朝の食事

IMG_7049[1]

フルーツをとること。

アルコールの代謝には糖質が欠かせません。

繊維質を多く含むフルーツは
お酒の翌日でも食べやすくなります。

グレープフルーツ、キウイ、イチゴなどをとっていくことが良いでしょう。

IMG_7153[1]

水分

水も重要な代謝の要素

アルコールは尿としてしか排出されません。

 

このことからも水分はこまめにとっていくこと。

これは素早いアルコール除去には欠かせません。

1時間おきに200ccほどを目安にすると良いでしょう。

カフェインは避ける

利尿作用ならカフェイン!
とするのはあまり良くありません。

利尿作用によって必要な水分まで出て行ってしまうと

通常の代謝機能が低下してしまいます。

飲み会のシーズン!
ここで成り行きに太ってしまうことは
非常にもったいのないこと。

これらの方法を用いて
ダイエットもお酒の席も楽しみましょう。

ご参考にしてください。

関連記事