Nov 15, 2015

足の形の決め方

やはり多い!

どの年代でも多い!

足の形の悩み。

IMG_8689[1]

単に痩せれば足は痩せる?

NO!

答えは明白です。

IMG_8808[1]

仮に足の脂肪がかなり減っても
理想の足になれない。。

これは筋肉による発達があるから。

つまり、足の形を決めるには
足の筋肉をコントロールすることが
絶対的に必要となります。

足の筋肉のつき方。

太ももがガッチリ
膝上が太い
ふくらはぎがししゃも
足首がない

等の悩みが多くなります。

IMG_8631[1]

これらは普段の姿勢や骨盤の傾きで起こります。

足の形は主に、普段の生活で決まる!
と言っても過言ではありません。

いくら、脚やせに時間を費やしても
結局日常で負担がかかっている
脚やせの根本にはなりません。

IMG_8674[1]

日常での負担を減らす。

骨格の傾き加減は個々に異なりますが
ベースとなる弱い筋肉は
共通する面が多い。

特に背中、内もも、足の付け根が弱い傾向があります。

IMG_8594[1]

これらの弱い部分を同時に刺激していくと、
姿勢が確実に変わっていきます。

姿勢が変わると
日常で使われる筋肉が変わります。

使われていなかった部分は刺激され
使いすぎていた部分は減少する。

IMG_8497[1]

これらによって癖のない足。

つまり、スラッと棒状のラインに変わります。

その上で必要な形をつけていくのがベストです。

いきなり足の形を!

というよりもまずは何もない状態にリセット。

これが脚やせの基本になります。

IMG_8381[1]

メリハリをつけるなら!

足の付け根や内もも、ヒップの
筋肉量だけ増やす。

太もも自体の筋肉量はあまり増やさないのがポイント。

棒脚なら!

膝上と膝下のサイズ感を合わせる。
目立つO脚の改善は必須。

のように作っていきます。

これらを前提とします。

また、日常で癖を変える方法もご紹介します。

普段使われている運動パターン

IMG_8269[1]

これを崩すこと。

これだけ聞くと難しそう。。

しかし、以外と単純!
日常での動作を逆に行うことや
少し変化させることだけです。

右手で持つものを左手で。
右足から行うことを左足で。

が逆動作。

脚わわ組まない人は組んだり
ヒールの人はペタンコ

のように変えてみる。

完璧に変えてしまうことは逆効果になることもあります。

数回、数日変える程度が効果的。

そしていつものライフサイクルに戻すことが効果的です。

変えすぎは

体にとって逆にストレス。。

少し変えて元に戻す程度が変化をつけるポイントです、

これだけでも、負荷のかかる部位と
かからない部位がしっかり分かれます。

これは脚の凸凹を無くし
棒状を作るのに効果的な刺激。

短期間でも効果が出やすくなります。

IMG_7437[1]

不要な脚の動きはなくす

筋肉は使わなければ減る。

脚やせによくあるウォーキング、ランニング。

脚やせにはまず不要です。

脚の形に悩むこと自体が
脚の筋肉にアンバランスがある証拠。

そのままウォーキングやランニングをすると、その癖は助長されます。

この面からも脚やせの場合、まずはこれらは必要ないでしょう。

これらを用いると
スムーズに脚の形を作っていけます。

痩せる痩せないとはほぼ無縁な脚痩せ。

あなたの脚痩せのご参考にしてくだい。

関連記事