Nov 14, 2015

マイペースダイエット

すぐ痩せたい!
ゆっくりでいい。
そのうち
休み休み

それらはすべてマイペース。

それが良いも悪いもありません。

IMG_8416[1]

もちろん体脂肪が減るペース
リバウンドしづらいペースは
決まっています。

明らかにハイペースでしょ!

という方法でも
あなたに合っていれば良いとも言えます。

IMG_8450[1]

肝心なのは続けられるか!

これが第一。

どんなに良い方法でも続かなければ意味がありません。

仮に炭水化物0!

でも自分に合っていて
ずっと続けられれば良いこと。

もちろん、続かないなら
マイナス効果です。

気持ちの面と、性格の面が
どちらも合わさるダイエットは成功しやすい。

いきなり−10キロと
目標を立てても、
急すぎると減らなかったり、

ゆっくりすぎると遠い目標になってしまったり、、。

IMG_8418[1]

どちらにしても共通して行いたいのが
基礎代謝を増やすこと。

基礎代謝は1日の消費カロリーの70%を占めています。

ペースは人それぞれでもこれは欠かさない方が良いでしょう。

IMG_8340[1]

短期で!長期で。

どちらにしてもまずは基礎代謝。

車で速く走っても、ゆっくりでも
エンジンがいるのと同じ。

このエンジンが大きいほど、
大量のカロリーを消費できる体質になります。

増やすべきエンジンは
身体の大きな筋肉です。

これには太もも、ヒップ、背中などが当たります。

種目としては
スクワット、デッドリフト、ベンチプレス等。

これらはダイエットの基礎種目。

1〜3セットを取り入れていくのが良いでしょう。

速くても、ゆっくりでも
これらは確実に取り入れることが良いでしょう。

ペース別に少しご紹介です。

ハイペースな場合

IMG_7791[1]

基礎種目を3セット

そして、有酸素運動を混ぜる

カロリー制限、糖質制限

落ちるペースは格段に速まりますが
続けられなければ戻りやすい。

IMG_7794[1]

ゆっくりペース

基礎種目を1〜2セット。

食事には毎食タンパク質を取り入れる

のように、確実やるものはこなす。

そして、続けられるようにペースは保つ。

これらによってダイエット効果は
格段に上がるでしょう。

image

ダイエットでの運動とは
第一に頻度を考えるもの。

これをベースに
強度、量を決めていきます。

このことからも
頻度に関する痩せるペースは最も重要と言えます。

IMG_9104[1]

食事面

ハイペースの方は
がっつり食事制限。

ゆっくりの方は
食べるものの選択。

どちらも続けられることをとる

等、一般的な理想はあくまで一般的な理想。

ダイエットをするのはあなた。

痩せるペースご参考にしてください。

関連記事