Nov 12, 2015

無理!な口ぐせ

やらずしてできないと言う。

これは安心を得たい時の決めゼリフ

仮にできなかった時に
やっぱりね!
と思えるからです。

IMG_8806[1]

やっぱり私が正しかった!

と思うことで、できないことを正当化する。

これは誰にでもあります。

IMG_8808[1]

しかし、ここから得られることは?

特にありません。。

また、行動を狭めてしまう原因にもなります。

やる前の無理!

をなくすためには、恐れないこと。

そのためには自分を認める!
ことが必要となります。

IMG_8688[1]

今はできない。

それでいい。

と思うだけでも
できないかもしれない事への恐れは無くなります。

IMG_8705[1]

できなければいけない!

と言う重い考えがあると
運やタイミングのズレでされ
自己嫌悪になってしまいます。

まずはできないから、それでいい。

しかし、それを認めるのは
また困難。

自己否定は辛く最も嫌なこと。

だから否定はせず
どうしたらうまくいくか?
を考えます。

無理!から
どうしたらうまくいくか?

と変える発想が次の道への第一歩。

できない理由を探すのは簡単。

IMG_8612[1]

できなかった安心を先に作るのも簡単。

デキる人とは、行動を多くとった人。

それだけ打ちのめされることも
想像以上。

IMG_8532[1]

普通に間に受けていたら
普通に押しつぶされます。

だから共通して
ポジティブに切り返す技を身につけています。

やってみて、修正して、やってみて、修正しての繰り返し。

これを繰り返すことで
無理!が出来た!
に変わります。

そこで手に入れたことは
体型の変化と気持ちの充実が
相乗して現れ、人生の自信になります。

というと、また逆に考えてしまうあなた。

できなかった場合のショックが、、

○何が良くなかったのか?
○どうすれば良くなるか?

と思うクセをつけましょう。

IMG_7675[1]

ダイエットの場合

例えば甘いものを控える

無理!

ではなく、どうしたら控えられるかな?

と考えてみる。

朝だけ食べる!
○○の日だけ食べる!

等ももちろん有効。

あくまで控えるなので、
どこかできちんととるのは
できていると言うこと。

などなど実は思ってるよりシンプルなこと。

このような観点を取り入れつつ、
どうすれば自分にも簡単に取り入れられるか?

を探してみる。

自分だけのオリジナルにもなり
苦なくダイエットを取り入れられるでしょう。

お試しください。

関連記事