Nov 10, 2015

無いものねだる!

○○でいいなぁ

という体型の願望。

骨の長さは変えられない。
しかし、見た目で極力近づけることは可能。

IMG_8705[1]

体質だから
元が違うから

確かにそれもありますが
変えられないのは身長、骨格サイズだけ。

それ以外の部分は変え方次第。

IMG_8748[1]

キレイをつくる!

女の子らしい曲線
かっこいい力強さ
スラッと棒状

どれも筋肉が骨を引っ張り
関節の傾きとなり作られる姿勢に
脂肪が乗ることで体型になります。

つまり、それをいいなぁ、

に近づけることで理想の体型へと近づきます。

もうお分かりの通り
何キロ痩せようがこれにたどり着くのは不可能。

まずは必要なモデルに合わせて

筋肉をつける、姿勢を変えることが必要不可欠となります。

Sensual lady in classical interior

女の子らしい曲線

姿勢のフレームは骨盤前傾が基本

そこにヒップ、背中の筋肉をバランスよくつけていきます。

単に筋トレでつける筋肉ではなく
ポイントとしては
日常でこれらが使われやすい姿勢を保つこと。

単なる前傾姿勢ではこれはあり得ません。

足の付け根、肩甲骨下部などの
深層の筋肉とのバランスを整えることが必要となります。

IMG_8674[1]

日常でつける意味。

筋トレをガンガン!
はとても効率が悪い。

まず、、きつい。。

日常の生活の中で自然と
曲線のあるラインが作られていけば
誰でも無理なく体型を変えられます。

無理して作った姿勢を一生保てるか?

その場しのぎで良いなら話は別ですが。。

IMG_8673[1]

かっこいい体型

あるとことに筋肉がしっかり!

これに憧れる女性も多くいます。

姿勢は若干の骨盤前傾。

そして体脂肪量と筋肉量のバランス。

体脂肪率は18〜20くらいが目安。

IMG_8612[1]

単にそれだけみるとガリガリ。

しかし、バランスとして筋肉量が多めにあると

海外系のかっこよさにつながります。

ここでポイントとなるのは
満遍なくつけないこと!

満遍なく筋肉がついて、

脂肪が少ないとボディビルダー的な体型になります。

それは素晴らしくきれいですが、
あなたが目指すものとは離れてしまいます。

外すべき負荷は
膝上や足首、肩、脇周りです。

これにも始めの姿勢のフレームが大切。

ここがまっすぐだと、部分のボリュームがでない

前傾すぎると、ボリュームがですぎる

後傾だと膝上、脇などにつく。

若干の前傾

これには足の付け根とお腹の筋肉のバランスが必要。

足の付け根は骨盤を前傾方向に
お腹は骨盤を後傾方向に傾けます。

お腹が弱いと腰が固くなります。

腰は骨盤を前傾に傾けるので
足の付け根と相乗して
骨盤の前傾が強くなります。

だから体幹○○が流行るのかもしれませんね。

IMG_7792[1]

少し脱線しますが、体幹○○が流行ったのは?

欧米モデルやサッカー等のスポーツ

そもそも、もともとお腹周りの筋力はバツグン!

という共通点があります。

 

しかし、多くの女性が感じている
お腹より、肩とか足が疲れる。。

体幹○○とは相当な上級編。

もう腹筋バキバキです!
という人用用と言えます。

side view of a woman looking down at her exposed stomach

side view of a woman looking down at her exposed stomach

まず、お腹以外が疲れるのは
お腹で支える基礎筋力がないから。

ベーシックな腹筋から
スクワット、デッドリフト等の服動的な種目で

基礎筋力を増やすのが良いでしょう。

順序がないと、単なる時間の無駄になります。

IMG_8778[1]

棒体型

無駄が何もない棒状

着れない服がない!の代名詞。

この無駄のなさには
骨盤が地面に対して垂直であることが前提。

このフレームがないと
どんなダイエットをしても
まず棒状に痩せることはありません。

これには
首ー肩ー股関節ー膝ー足首の
5点が垂直ライン上にある姿勢を作ることが必要です。

肩や股関節は特に
前かがみになりやすい部位。

肩の前後のバランス
股関節の前後のバランスと
順に整えていくことが良いでしょう。

日常的にも使う筋肉が極端な差にならないので、

スラッとボディを保てます。

IMG_8558[1]

身長差

あとは気になる身長差

漠然と身長差といっても
細かく分かれます。

IMG_8253[1]

○上半身と下半身の長さの差
○太ももとふくらはぎの差
○上半身と太もも
○上半身とふくらはぎ

これらをモデルと比較して
同じような日常的負荷がかかるように組み立てていく。

これによって見た目のスタイルを
限りなく近づけていきます。

全身の関節はテコの原理。

支点、力点、作用点で動いています。

これらが合わさって負担がかかる部位、かからない部位が決まります。

体型を変えるなら
痩せるのは前提として
これらの要素が必要になります。

あなたのダイエット選びにお役立てください。

関連記事