Nov 6, 2015

ゴロゴロは良い悪い?

ダイエットしなきゃ!
と思いゴロゴロ。

なんとなく悪そうな響き。

しかし、ゴロゴロ。
実は良いことです。

IMG_8497[1]

これは体脂肪の使われ方に関係します。

脂肪が最も使われる割合が多いのは
安静時。

つまり、何もしていない時。

IMG_8548[1]

体脂肪は最終的に筋肉によって減少する。

このことからも筋肉量が多いほど多くの脂肪が減っていきます。

反面、筋肉量が少ないと
単にゴロゴロしてるだけ。。
となります。

IMG_8690[1]

運動するほど!

運動は体へのストレス。

はじめはその刺激に対して必要な筋肉が活性していきます。

しかし、慣れてくると
コツやタイミングを掴み
エネルギーを節約しようとします。

また、長時間になるほど
筋肉の分解も起こりやすくなります。

省エネな体質&筋肉が減るの
スパイラルが出来上がります。

IMG_8673[1]

これらをまとめると
痩せる体質を作るには

○短時間の運動
○基礎代謝を増やす

ことが条件となります。

そしてこれらを満たすのは
筋トレです。

と言ってもガチガチなスポーツ用ではなく、あくまでダイエット用。

種目もスクワット、デッドリフト、ベンチプレスに

絞ったようなシンプルさで十分となります。

IMG_8631[1]

部位をいろいろ整える以前に
単純な体脂肪のコントロール。

それを叶えるのに最も効率的で

早いのが先ほどの方法となります。

週2〜3回ペースで行いましょう。

IMG_9104[1]

内臓に走らせる!

ゴロゴロと体は休む中
動いた方が良いのは内臓!

基礎代謝の約半分は内臓の消化活動とります。

消化に1時間かかる
1時間のランニング

のようなもの。

このことからも
消化に時間がかかるものを取り入れることは良い方法と言えます。

消化の遅い食べ物として
タンパク質や繊維質、脂質があげられます。

カロリー面が増えないように気をつけながら、

小分けして食べていく等が優れた方法となります。

お試しください。

代謝を増やし、消費を増やす。

これらによってゴロゴロの効率を引き上げます。

そこまではこれからの時代、
誰もが身につけた方が良いダイエット方法。
あなたのご参考にしてください。

関連記事