Nov 5, 2015

食べたいもの我慢の爆発!

人生に欠かせない食事

コンビニだけでも
どんなものでも手に入る豊かさ

これがダイエット時の悩みでもあります。

IMG_8548[1]

なんでも自由に選べる!

この強制力のなさこそ、
体型を崩してしまう要因。

ちょっとお菓子を。。
このお菓子のクオリティもすば抜けていますね。

何に主きをおくか!

食べることは生きること。

絶対に欠かせない欲求。

その欲求の心に対し
繋がるのは身体。

欲求が身体の行動を引き出します。

単純な話、食べたもので体は作られます。

IMG_8594[1]

言い換えると身体は食生活を表す鏡になります。

実はこれ、運動量のカロリーで補おうとしても不可能。

おにぎり1個分のカロリーでさえ
45分のランニングレベルの運動が必要となります。

女性の場合は周期やストレスによって食欲が強くわきます。

わかっていても食べてしまったり、
美味しそうな誘惑に勝てない。

ということは多々あります。

IMG_8077[1]

もちろん!これらを防ぐポイントもあります。

我慢には限界があり
必ず爆発します。

ちょっとしたポイントを絞ることで
そのストレスを解消していきます。

IMG_7675[1]

食べ方による食欲の抑え方

不要な食欲はホルモンによって引き出されます。

特に引き金となるのは
安定ホルモンの減少

安定ホルモンは睡眠やストレス、周期で大きく波打ちます。

食事では
糖質、肉類、乳製品等が安定ホルモンの材料となることからも
必然的にこれらへの欲求が高まります。

糖質と乳製品のスイーツ
嫌いな女性はいませんね。。

IMG_6469[1]

我慢するほど爆発する!

ならこれらの栄養素をうまく取り入れること。

これによって安定ホルモンのバランスを整えます。

IMG_7681[1]

糖質

ダイエットの大敵とされるのは
血糖値の不安定を作るから。

ここでは吸収の遅い糖質をメインとし

血糖値の上昇を緩やかにします。

選ぶべきは
オールブランや玄米など
繊維質を多く含む食材。

これらは糖の吸収を穏やかにし
血統にの波を緩やかにします。

こまめに小分けしてとるとより効果的です。

肉類

素材そのままで。

ハンバーグや唐揚げ等にすると
吸収の早い糖質や余分な脂質が加わり体脂肪の蓄積へ。

ヒレやモモなど、油にの少ない部位をメインにすると良いでしょう。

乳製品

豆乳、牛乳を飲むのは避けたい。

飲料では消化にも時間がかからず
なかなか食欲を満たせません。

仮に飲料の場合は飲むだけ!
でなく、パンやオールブランと一緒に摂るなどをすると良いでしょう。

食べ方としてはチーズやヨーグルトでとるなどが効果的です。

チーズは脂質、ヨーグルトは糖質が含まれるのでとりすぎには注意です。

朝の割合を増やす!

朝に血糖値が下がると
日中以降のストレスホルモンの分泌が高まります。

これらはストレスからの食欲の原因。

 

午前中にしっかりこれらを食べる、欠食をしないこと。

これらが食欲やホルモンの波を安定させるポイントです。

食欲の爆発に悩むあなたはご参考にしてください。

関連記事