Oct 29, 2015

運動で太る!?2

筋肉の性質

筋肉には速筋、遅筋の2つの性質があります。

前者はカロリーをたくさん使う大食い筋。

後者はなるべくカロリーを節約する省エネ筋。

運動によるカロリー消費をしていくと

自ずと後者の遅筋に性質が変わっていきます。

IMG_8287[1]

運動でたくさんカロリーを使ってしまうことは
体として生命維持の観点からマイナスなこと。

すると、あまりカロリーを使わないように節約しよう!
と性質を変えてしまいます。

これは運動以外の場面で、あまりカロリーを使わない体質になる。
ということです。

IMG_7792[1]

筋肉量自体の低下

また消費カロリーを稼ぐ運動では
体脂肪の燃焼とともに筋肉の分解も起こります。

1日の70%は基礎代謝。
約半分は筋肉であることからも
これは基礎代謝の低下を招きます。

IMG_8252[1]

改善方法としては
○短時間
○基礎代謝を増やす

方法が有効となります。

これらは必然的に筋トレに含まれる要素である。と言えます。

関連記事