Oct 29, 2015

ふくらはぎの痩せルール4

これらでバランスを整えることで
ふくらはぎの使用が日常的に軽減します。

筋肉の性質からもボリュームは減っていくでしょう。

また、これ以外にも
ふくらはぎのサイズに関係してくるのが股関節の硬さです。

IMG_8448[1]

股関節の柔軟性

股関節は骨盤に直接連結している部分。

骨盤の傾きによる影響を受けやすいと言えます。

IMG_8380[1]

骨盤がどちらに傾いても
影響するのは内側へのねじれが強くなること。

これによって股関節にも柔軟性に差が作られます。

IMG_8363[1]

股関節の柔軟性に差があると
足からくる体重負荷を逃せず
ストレートにふくらはぎの負担となります。

これはサイズがなかなか落ちない全員になります。

まずは過度に硬い部位のストレッチです。

IMG_8223[1]

股関節うちねじりストレッチ

膝立ちになり、片方の足を前に出します。

後ろ側の足首を同じ側の手
(右なら右、左なら左)
で掴みヒップに近づけます。

これによって股関節のうちねじり筋がストレッチされます。

IMG_8221[1]

股関節の硬さを整えたら
股関節の外ねじりの筋力を養います。

横向けに寝て、両膝と股関節を90度に曲げます。

上側の足首を支点に
膝を外に開きます。

これによってヒップのそのねじりの動きを引き出します。

強化する

動きを引き出したら外ねじりの動きを固めます。

これはまた日常の癖で
うちねじりが強く出てしまうことへの対策となります。

うつ伏せになり
両足首をクロスし膝を開きます。

両膝が閉じないように注意し
膝を地面から浮かせます。

ねじれの動きが強く強化されます。

関連記事