Oct 28, 2015

体重の減らし方5

食事の回数

消化の一定時間を、回数を設けることで

リレー形式で伸ばしていくことが効果的。

3回よりも4.5回と回数を増やしていくことが良いでしょう。

IMG_8221[1]

食事のタイミング

ここでまず1番に大切なのが朝。

朝起きぬけから時間が経つほど
代謝は落ちやすい事実。

ここで素早く食事をとることが代謝を保つ方法となります。

また午前の遅い時間に代謝を減らすホルモンがピークを迎えます。

この対策のためにも
朝は糖質脂質タンパク質を
しっかり含む内容をとることが良いでしょう。

この時に注意したいのが糖質です。

IMG_8223[1]

糖質の摂り方

朝に糖質が重要なのは事実。

しかし、午前の遅い時間に結構値を上げてしまうような食べ方はNG

みすみす代謝を低下させてしまいます。

朝は血糖値の上昇を緩やかにする食べ方が効果的。

これには吸収の遅い糖質を選ぶのが良いでしょう。

例としては
オールブラン、ライ麦パン等が優れています。

IMG_7980[1]

夜を少なめにする

朝に1日の食事の半分
昼夜と細くしていく

これが痩せる食べ方の王道。
なるべく消費が多くなる食べ方です。

これらからも体重の減らし方を
総合的にご紹介しました。

単に痩せることはできる。

しかし、きちんと体脂肪を減らすにはきちんとした方法が必要です。

ご参考にしてください。

関連記事