Oct 27, 2015

体重と見た目3

落としたくない筋肉

○バストラインを作る背中周り
○ヒップの高さを作るヒップ上の筋肉

これらの部位はエクササイズで刺激していくことが良いでしょう。

IMG_8405[1]

背中のエクササイズ

イスに座り、背筋を伸ばしたまま上体を前傾させます。

両手をバンザイします。

体と一直線になる位置まで上げるのが理想です。

IMG_8407[1]

ヒップの筋肉

うつ伏せになり両足首を組みます。

膝を開いたあぐらの姿勢で
両膝を地面から浮かせます。

これによってヒップ上部が刺激されます。

IMG_8406[1]

消費の大きな筋肉

太ももやヒップ、肩周り等

これらは消費カロリーの高い筋肉
体脂肪を減らすために必要不可欠です。

メインとなるのは
スクワット、デットリフト、ベンチプレス等

ダイエットの基本種目です。

15回できる程度の負荷で2〜3セットと行いましょう。

これらを含めていくことで
姿勢や見た目に必要な筋肉を維持向上させ、体重を減らしていくことができます。

栄養面では特にタンパク質量が大事。
体重1キロあたり1.0〜2.0グラムを目安にとっていくと良いでしょう。

ご参考にしてください。

関連記事