Oct 27, 2015

膨張する太もも1

太ももが痩せない、、

体の部位で最も多い足の悩み。

他の部位は痩せても、なぜここは痩せないのか!?

IMG_8364[1]

太ももが太くなる理由は2つあります。
1.脂肪で太くなる
2.筋肉で太くなる

まずは両者の減らし方を見ていきましょう。

IMG_8250[1]

体脂肪は全体的に増減する性質があります。

体脂肪はどんな方法であれ

最終的に筋肉によって消費される

基礎代謝の約半分は筋肉が担うことからも
全身の大きな筋肉を増やすことが

体脂肪を減らす唯一の方法になります。

IMG_8266[1]

全身の大きな筋肉には
太もも、ヒップ、背中あげられます。

これらを効率的に使うには
スクワット、デッドリフト、ベンチプレス等が適しています。

15回できる程度の負荷で
2〜3セットと繰り返しましょう。

IMG_8268[1]

しかし、全身の体脂肪が減っても残ってしまう脂肪、、、

これは体脂肪には

関節の動きが少ない部位に付きやすい傾向があるからです。

こちらの改善は後半の筋肉の減らし方とともにご紹介します。

IMG_8075[1]

筋肉で太くなる場合

筋肉で足が太くなっているときにその部位の筋トレをしても
逆に太くなります。

この場合は筋肉の材質
使わなければ減る
活用することが必要です。

IMG_8113[1]

特に発達しやすいのは
太ももやヒップの大きな筋肉。

これらは日常的にも多く使われる部位。

使わないためには

骨盤の傾きを整えることが必要です。

image

骨盤の傾き

骨盤が前後に傾くと
太ももの前が張ったり、
ふくらはぎが太くなったり
部分的に筋肉感のある足になります。

これらの傾きを整えることで
適切な柔軟性が整い、
部分的な筋肉の発達が減少していきます。

IMG_8037[1]

骨盤リセット方法

うつ伏せになり両手を頭の後ろに組みます。
顎を引き状態を少し浮かせます。

両足首をクロスし
左右に引き合う、うちに押し合うを
交互に行いましょう。

これによって骨盤周りの傾きが整います。

IMG_8038[1]

体脂肪の関節の動きが少ない部位に付きやすい傾向も、
この骨盤の傾きを整えることは有効。

骨盤の傾きが垂直であれば、
その上の背骨や股関節の可動も整いやすくなるからです。

これらを実践して
部分的な発達のない足を手にいれましょう。

あなたのお役に立てますように。

関連記事