Oct 26, 2015

食べないのに痩せない3

体には体脂肪を増やすホルモンがあります。

これは血糖値が上昇した時に
血糖値を下げるために分泌されます。

働きは糖を脂肪細胞に送り込むことです。

IMG_8363[1]

この分泌が促される食生活は
必然的に優先して体脂肪を蓄えます。

お昼におにぎりだけ。

というような流れは
このサイクルを作り出します。

IMG_8319[1]

これを抑えるのは2点

まずは吸収の遅い糖質をとること。

血糖値の上昇を緩やかにします。

The word diet spelt out in vegetables on a wooden board.

The word diet spelt out in vegetables on a wooden board.

糖質に繊維質が含まれると
血糖値の上昇が緩やかになります。

オールブラン、玄米、ライ麦パン
等が優れた糖質と言えます。

吸収の速い糖質+繊維質

これも血糖値の上昇を緩やかにします。

効果的なのは主に水溶性の繊維質

海藻、キノコ、根菜類と
一緒に摂ることが良いでしょう。

IMG_7048[1]

タンパク質を摂る

タンパク質は速筋を定着させるのに必要。

そして、血糖値をほとんど動かしません。

また、食べた時点で
脂肪を分解するホルモンを分泌させます。

IMG_7150[1]

1回の食事では20グラムを目安にして
数回に分けてとることが
基礎代謝を増やすポイントです。

また、脂質も代謝を増やすホルモンを作る上で欠かせない栄養素。

理想では1日の総摂取の20%はとることが良いでしょう。

IMG_7320[1]

食事回数

食事の回数は多ければ多いほど良い。

基礎代謝の約半分は内臓の消化活動が占めているからてます。

3回よりも4.5回と多いほど
消費されるカロリーも多くなります。

IMG_5725[1]

これらからも食べないのに痩せない理由、
その解消方法を包括的にご紹介してきました。

食べないのに痩せないストレスは
必ず爆発します。

その前に正しい食べ方を身につけてください。

あなたのお役に立てますように。

関連記事